唐津競艇場の特徴と女子戦傾向

ジキルの競艇場特徴と女子戦傾向
スポンサーリンク

スポンサーリンク

唐津競艇場情報

オフィシャルホームページ

引用元:唐津ボートレースオフィシャルサイト

支部と所属レーサー

唐津競艇場は佐賀県にある競艇場です。支部は、佐賀支部になります。
女子レーサーの佐賀支部所属は、

小芦るり華
山本梨菜 
野田なづき

の3名です。同じ九州地区の福岡支部や長崎支部に比べると少ない人数となっています。

ジキル
ジキル

様々な場所で公言していますが、佐賀支部の小芦るり華の才能は天才だと思っています。ようやく初優勝しました。これから期待しています。彼女の武器はスタート力です。この裏付けは、度胸です。小回りターン、捲り差し、捲りと使いこなせるスキルさえ身に付けば、まだまだ先に行けるレーサーだと思います。

唐津競艇場特徴

水面特性

水質は淡水です。風の影響が強い競艇場の一つです。年から年中風が吹いている競艇場で追い風の割合が高いです。一年通してモーニングを開催しています。
季節によって追い風が吹きます。一日のレースにおいて、前半後半で風向が変わることが多い競艇場です。
ジキルは、唐津競艇場と言えば「追い風」とイメージします。唐津の追い風は差し水面。特に2コースからの差しは良く決まります。その背景には、追い風が強く吹くことで1コースが流れる傾向があることとバックストレートで内側に伸びるラインがあることです。
唐津競艇場をホームにしている方は、追い風が4m以上吹いている時に2コース差しから狙っていることが多いと思いますしジキルもその一人です。

淡水なので、住之江競艇場や戸田競艇場のように乗りやすさには注意が必要です。バタバタと跳ねていると乗れていない可能性があるので展示で確認してください。

唐津競艇場のレイアウトと女子戦

引用元:唐津ボートレース場オフィシャルサイト

コースレイアウトの特徴を3つあげます。

一つは、広い水面です。では、狭いと言われている戸田競艇場と比較してみます。

水面データ
引用元:戸田ボートレース場オフィシャルサイト

ホーム側の比較では、スタートラインが戸田競艇場よりも5m長く、第一ターンマークも5m広くなっています。振り幅は13mで同じですが、第一ターンマークが102mと戸田競艇場に比べて22m広くなっています。バックに向かうラインでも約7m広くなっています。このことから、唐津競艇場では、スピード戦が展開されるレイアウトになっています。

一方で、第一ターンマークの幅が42mと低いことで差し場があることです。第一ターンマークの幅が狭ければ狭いほど艇間が狭くなり捲りが決まり、広ければ広いほど艇間が広くなり捲りが遠くなるので差しが決まるという一定のセオリーがあります。

二つ目は、ピットから第二ターンマークまで178mと長いことにあります。このことから、枠なり進入率は低いデータとなっています。今節は、女子戦ですのでどこまで気にするかは人それぞれになると思いますが、ジキルは、力関係によっては1コースでも取られる可能性と6号艇が4コースまで入る可能性は考えています。

三つ目は、データで見る1コースの逃げ率に疑問を持っていることです。芦屋競艇場特徴の時も触れましたが、唐津競艇場も企画レースを設けています。
1R 1号艇にA級レーサー
2R 1,2号艇にA級レーサー
3R 1,3号艇にA級レーサー
4R 1号艇にA級レーサー、そのほかに級レーサーが3人

という内容です。
要するに、イン逃げがしやすい状況を作っているということで、全体のイン逃げ率を当てにし過ぎない方が良いです。振り幅13m、かつ、広い水面の捲りレイアウト、追い風の割合が高いという3つの条件で考えると、それほどイン逃げ率が高いイメージはありません。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました