福岡競艇場の特徴と女子戦

福岡競艇場特徴バナー ジキルの競艇場特徴と女子戦傾向

スポンサーリンク

水面特徴とコース特徴

水面特徴

汽水です。福岡競艇場の最大の特徴はうねりです。
オフィシャルに書いてあることをそのままコピペして貼ります。そういうことです。

ボートレース福岡は、那珂川の河口に位置している。1 マークは那珂川の川面に半分近く張り出していて、風向き、風力、潮の干満によって、うねりが発生する。
満ち潮のときは、1 マーク付近で海水と淡水がぶつかり合い、複雑なうねりを発生させる。とくに北や北東の風が強いときは、博多湾からの波も加わり、より複雑になる。
うねり防止のため、1 マークの防風壁の河口側に 3 基の浮函が設置されているが、多方面からうねりが侵入するため、すべてを止めることは難しい。
また、定期的にうねりが発生していることが判明したため、調査を行った結果、博多港に入港する船舶の影響によるものが原因の一つと確認された。このため、平成 24 年 2 月から発売締切と発売時間を変更することでうねり対策を行うとともに、平成 24 年 9 月 18 日の一般戦からは、第 1 ターンマークにネトロン(消波装置)を設置するなど水面の改善に取り組んでいる。 うねりが、波と違ってやっかいなのは、選手は視覚的にその強弱を確認しにくい点だ。例えばスタート時、選手は 1 マークの直前までうねりの状況がわからない。コーナーで旋回態勢に入ったところで初めてうねりに気づき、スロットルレバーから思わず手を離すケースも多い。とくにセンターからアウトの艇が、まくりを狙おうとして、うねりに乗ってしまい、まくり不発に終わってしまうシーンも多い。うねりがあるときに、まくろうとするなら、スリット過ぎで他艇より 1 艇身以上飛び出して 1 マークまでに内に寄る、いわゆる「絞めまくり」以外は、アウト艇の出番は少ない。

ジキルの視点でまとめます。

① うねりが様々な要素で発生する。
② うねりは法則性がなく1マークでターンをする時に気づくことが多い。
③ うねりがわかりにくいから握りにくい。
④ うねりを理解しているのはベテランと地元レーサー。
⑤ 助走が短いから逃げから考える。ダッシュの出番はスタート決めた時。

①~③までは、誰でも得られる情報。ジキルが思う女子戦はベテランレーサー。若手は握って、ベテラン小回り。これは女子戦で良く考える法則です。ベテランの小回りこそが福岡競艇場にマッチングしていると思っています。

㊙【仮説】うねりの確認方法

うねりの発生は、ファンの私たちでも「スタート展示で確認する」ことができる可能性を見つけました。
その方法を初公開します。まず、レイアウト上で、「うねり止め消波装置の位置」を確認します。

次にスタート展示です。スタート展示でスリットを超え、第一ターンマーク付近に来ると、画面左上に、「うねり止め消波装置」が映ります。こんな感じです。

この左上をアップにした画像を2枚並べてみます。

①消波装置が真っすぐ

②消波装置が上下に不変則になっている

※注)救助艇がそばにいるのでその影響もあると思いますが、違いがわかれば良いです。

消波装置がキレイに揃っていれば、うねりは発生なし、または、小さい。
消波装置が不規則であれば、うねりが発生している可能性が高い。

ジキルは、このように仮説を立てています。
福岡競艇において、うねりの発生は逃げにくさ、捲りにくさ、差しやすさに影響すると考えています。
うねりの発生、うねりの大きさの確認が、この方法で出来れば予想の参考になる可能性があります。

仮説の段階ですが、共有しておきたいと思います。

スポンサーリンク

コース特徴

コースで言えば2コース。
ただ、捲りではなくて小回り。単純に3コースが握りにくい。特に汐が満潮に向かうときです。干潮に向かう乗りやすい水面よりも満潮に向かう乗りにくい水面でベテランと地元レーサー、そして、逃げ、小回り、差し、この辺から狙いたい競艇場です。

福岡競艇場と言えば2,3頭のイメージが強い競艇場です。様々な原因が考えられますが、一つは第一ターンマークで発生するうねりです。

握ってもたつく1コースを2コースが自在に攻める印象です。2コースが差しての12-12、展開を作っての23-23です。女子戦は、2コース捲りが多いですが禁物です。差しで回る小回りの上手いレーサーから狙いたいです。

コースレイアウトより

引用元:ボートレース福岡オフィシャルサイトより

ピットから第2ターンマーク特徴

福岡競艇場は、全国の競艇場の中でバックストレート側にピットがある場です。ピッアウトから違和感を覚えるのも福岡競艇場を好んでやらない理由の一つです。ピットの位置により、ピットアウトから、2度ターンする必要がありスピードを上げられないことから枠なりになる傾向が強いです。進入が乱れにくいことを理由に個人的には1,2,3コースはしっかり助走が取れる位置で起こせるとも思っています。

一方でダッシュは、助走距離が長く取れず全速まで出し切れない傾向があります。

画像:ボートレース芦屋オフィシャルサイトより

芦屋競艇場のレイアウトを見ると、第二ターンマークの後ろは136mありますが、福岡競艇場は、70mしかありません。また、この第二ターンマークの後ろが70mと短いのは、引き波が残る特徴があります。住之江に似ていると言えば似ています。握るよりも差し、握るよりも小回りです。
小回りできるレーサーが内に入って逆転の可能性があるのは覚えておいてください。

スタートから第一ターンマーク

続いて、スタートから第一ターンマークを見ます。芦屋競艇場と比較してみます。
スタートライン63mと広く、第一ターンマークは50mと同じになっています。振りは13mは他の競艇場と比較すると真ん中付近ですが、第一ターンマークの50mは、芦屋と並ぶ24場で一番広いです。この第一ターンマークの広さは、艇間が広くなり、ダッシュはターンマークから遠くなり捲りにくくなり、艇間が空くことで差しやすくなる特徴があります。

潮汐から考える

最後に。満潮に向かうときと干潮に向かうときの決まり手の差があります。
①干潮に向かう、また、干潮に近い時はセンターからの捲り、ダッシュからの捲りが決まりやすくなります。
②満潮に向かう、1コースが「スピードを落としすぎる」ことがあります。落としたのを狙って捲りを仕掛けられるレーサーも、地元、ベテラン、腕の3つの要素になります。

正直、福岡競艇場は普段からやらない競艇場の一つです。予想が難しいの前に、レーサーが乗りづらいのです。レーサーが乗りづらいのに、予想を成立させるのは困難です。ただ、女子戦においては、ベテランレーサーが活躍する場でもあると思います。

若手よりベテラン。
捲りよりも差し。
握るよりも小回り。

この辺を考えて予想してほしいと思います。

まとめ

①汽水水面で、潮を淡水が第一ターンマークで混ざることで複雑なうねりが発生する。
②ダッシュの助走が短く、かつ、スタートラインの幅が広いので捲りが決まりにくい。
③艇間が広くなることで差しが決まりやすくなる。2コース差し、3,4コースの捲り差し。
④第二ターンマークは引き波が残る。捲るより差し、握るより小回りタイプの方が着に残せる。
⑤うねりに対応できているかどうかを展示で見た方が無難な競艇場です。
⑥地元レーサー、ベテランレーサーのテクニカルなターンに期待します。

スポンサーリンク

ジキルの記事を紹介

競艇寺子屋U126チャート
競艇寺子屋 2コース差し
競艇寺子屋 24場比較

最後に

福岡競艇場は、事前予想は難しいです。とにかく展示では、乗れていると思うレーサーに注目してください。オフィシャルで見られる展示情報の「まわり足」に注目してください。少なくても、ジキルは福岡競艇場を予想するときは「まわり足」を重視するようにしています。

個人的には乗りにくい満潮に向かうレースを狙いたいと思います。乗りやすいより、乗りにくい水面で活躍するベテランレーサーを狙いたく思います。

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました