若松競艇場特徴と女子戦傾向

ジキルの競艇場特徴と女子戦傾向
スポンサーリンク

スポンサーリンク

若松競艇場情報

オフィシャルホームページ

リンク先」若松ボートレース場

所属支部と所属女子レーサー

若松競艇場は福岡支部です。福岡支部の女子性レーサーは多く在籍しています。タレント揃いの福岡支部は、グレートマザーの日高逸子を筆頭に腕の立つレーサーが揃っています。

日高逸子(グレートマザー)
藤崎小百合(産休中?と信じたい)
小野生奈
渡邉優美
中川りな(産休中)
大山千広 
大橋栄里佳 
川野芽唯
竹井奈美 
藤田美代 
武藤綾子 
犬童千秋 
真子奈津実 
高田綾 
小池礼乃 
池田奈津美 
間庭菜摘 
冨名腰桃奈
渋田治代 
魚谷香織 
深川真奈美 
坂本奈央 
伊藤玲奈 
野田部宏子 
戸敷晃美 
田中博子 
中尾彩香
松本怜 
内山七海
松尾怜実 
森田梨湖
中尾優香
奥村明日香
神里琴音

こちらの名鑑に記載されているレーサーもいます。是非、確認してください。

ジキル
ジキル

A級レーサーが多く所属しています。ジキルは、福岡支部で好みのレーサーは藤崎小百合です。情報がありませんが、恐らく産休だと思っています。腕で好きなのは川野芽唯です。川野に関しては女子レーサーの中で道中の上手さが光るレーサーで好きです。

スポンサーリンク

若松競艇場特徴

水面特徴

コース
引用元:若松競艇場オフィシャルサイトより

ナイター専門の競艇場です。水質は海水で潮汐があります。特に大潮時は、潮位が高くなり予想をする上で重要な一つになりますのでご注意ください。小潮の時は、潮位の高さに関しては、そこまで気にしなくて良い印象です。

若松は潮汐によって潮の流れが生まれます。
干潮に向かうのか満潮に向かうのかがポイントです。レース場を見てもらえればわかりますが、2マーク側から海水を引き込む形状になっているので、満潮に向かうときは潮を引き入れ、干潮に向かうときは海へ潮が押し出します。この特徴によって潮の流れが発生します。そして、若松競艇場の特徴は風を遮る物がなく風の影響が強くなる傾向があります。この辺りは、後ほどまとめます。

コース幅がスタート50mに対して、1マークが41mと9mしか狭くならずインが逃げやすい振り幅です。その理由は、インが真っすぐ走れるからです。もう一つは2マークが126mと広く取られていますが、小回り防止ブイが存在していますので進入枠なりが多くなる特徴があります。他にあると言えばあるのが、チルトが+1.5までなので若松競艇場でチルト3度を見ることはありません。

コース別の特徴

2023年3月1日~2023年5月31日までのコース別入着率でポイントをいくつか紹介します。
イン逃げ率60%です。続いて、2着は2コース28.1%、3着は4コースの23.4%です。前述した潮汐で生まれる汐の流れと風向の影響で差し主体となる偶数艇の2着、3着入着率が高くなっています。一方で、1コースを除く1着率は2コース~4コースまで大差なく10%~12%と多彩な決まり手で決着していることが想像できます。データとレイアウトから考察した結果、インが強い競艇場と言えます。

ただ正直、難しいです。個人的には江戸川に近い感覚です。スタート感と1マークの攻防を読み切る(レーサーの選択と結果)が難しいのです。

次のページでは、若松競艇場と女子戦を合わせた時に見えることも含めて整理します。潮の流れ、風の影響と聞けば、地元レーサー中心に考える必要があります。若松の地元レーサーは福岡支部です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました