下関競艇場の特徴と女子戦傾向

ジキルの競艇場特徴と女子戦傾向
スポンサーリンク

スポンサーリンク

下関競艇場情報

オフィシャルホームページ

リンク先:下関ボートレース場オフィシャルサイト

支部と所属レーサー

下関競艇場は、山口県にある競艇場です。山口県には、他にも徳山競艇場があります。
下関競艇場、徳山競艇場が共に山口支部です。

女子レーサーの山口支部所属は、

片岡恵里
向井美鈴
佐々木裕美
津田裕絵
矢野真梨奈
木村詳子
末武里奈子
山本宝姫
福山恵里奈
野田彩加
清水愛海
藤本紗弥香

片岡の4コースは一撃あるので覚えておくとよいです。
清水愛海は将来有望だと思います。他のレーサーはこちらの名鑑でご確認下さい。

ジキル
ジキル

山口支部を代表するレーサーは佐々木裕美。ジキルの名鑑でも白の佐々木で紹介しています。捲り屋です。将来有望の清水愛海はやまとの修了記念競走で優勝したチャンプの一人です。

スポンサーリンク

水面特徴

水質は海水です。プール型の競艇場なので潮汐は気にしなくて良いと思いますし、ジキルも気にしないようにしています。それよりも気にすることを後述します。海水=体重を気にしなくて良いですが5kg以上の差がなければ、それほど気にしないので女子戦は気にしなくて良いレベルだと思います。

一つ目の特徴は1マークが43mです。概ね平均値通りなので広くも狭くもない印象です。振り幅も7mと少ない方です。注目は、ピットから2マークまで173mあります。ピットから2マークまでの距離が長いことで影響されることは2つです。
一つ目は、進入が乱れやすいことです。コースを取るには十分の距離があります。
二つ目は、枠なりであればインコースが十分に助走を取れることです。 
女子戦=進入枠なりになりやすい傾向もはあります。ただ、2023年に入り注意が必要です。
下関競艇場は、振り幅の少なさとインが十分に助走が取れるピットから2マークまでの長さによってイン逃げ率が高くなる傾向のあるレイアウトです。

2023年に入り、池田奈津美には注意。ダッシュならコース取り狙います。ただ、インを取るよりスローに入るイメージまで。
小芦るり華、西橋奈美の二人も離れ良ければ一つでも内側に入ろうとします。
続いて、中谷朋子。大外の時にスローに入る傾向が見られます。
一方堀之内紀代子は、チルトを跳ねて自分から大外に行くことも見られます。

それでは、次のページで下関競艇場と女子戦を考察します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました