津競艇場の特徴と女子戦傾向

ジキルの競艇場特徴と女子戦傾向

スポンサーリンク

津競艇場情報

オフィシャルサイト

リンク先:ボートレース津オフィシャルサイト

支部と所属レーサー

津競艇場は三重県にある競艇場です。支部は三重支部です。
女子レーサーの三重支部所属は、

垣内清美 
本部めぐみ
加藤綾
鈴木祐美子 
篠木亜衣花 
塩崎桐加 
高田ひかる 
山下夏鈴 
山川波乙 
宇恵有香

ジキル
ジキル

10名です。個人的に注目しているのは、伸び型に調整する高田ひかる。スタート決めて一気に捲りを決める山下夏鈴です。この2名がダッシュから絞って捲りを決める特徴のあるレーサーです。他のメンバーは、ジキルの女子レーサー名鑑でご確認ください。

リンク先 競艇寺子屋 競艇女子レーサー名鑑

津競艇場特徴

水面特性

水質は公式の発表を参考にすると半海水です。良くわからないですね。ジキルもそう思います。津競艇場はプール型のタイプで基本的に淡水ですが伊勢湾が近く塩分の混入があるという事です。潮位の変化や潮の流れがありませんが多少塩分の含む水面です。わかりづらいので淡水で考えて良いと思います。

津競艇場のイメージはとにかく風が強く影響の強い競艇場です。いつも吹いているイメージです。簡単に言えば夏は追い風、冬は向かい風が吹いています。本当にイメージですが競争中止も多く見ますし、安定板装着も多く見ます。風向と風速の確認が必須の競艇場です。1マーク側に防風壁を設けており、何となく三国競艇場と似ている全体像です。それでは、次のページでレイアウトから考察します。

次のページ

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました