常滑競艇場の特徴と女子戦傾向

ジキルの競艇場特徴と女子戦傾向

スポンサーリンク

常滑競艇場

オフィシャルホームページ

所属女子レーサー

とこなめ競艇場は、愛知県にある競艇場です。所属は愛知支部になります。愛知県には蒲郡競艇場もあります。とこなめ競艇場は、デイレースで、蒲郡競艇場はナイターがメインの競艇場です。愛知支部に所属する女子レーサーは以下の通りです。

谷川里江
大瀧明日香
細川裕子
宇野弥生
出口舞有子
笠野友紀恵
水野望美
横田悠衣
深見亜由美
清水さくら
石原凪紗
羽田妃希
松田真美
永田楽
伊藤栞

ジキル
ジキル

愛知支部。たくさんの選手が所属していますし、多くのスター選手がいます。女子選手も多く所属しており、その中でA級レーサーは、細川と宇野と大滝、そして、深見です。過去に、注目は、深見と紹介していましたが晴れてA級に昇格しました。ジキルの女子レーサー名鑑で選手特養を確認して頂ければと思います。

スポンサーリンク

とこなめ競艇場特徴

水面特徴

海水です。ただ、前検日で海水を取り込む水門を閉じるので潮汐を確認する必要がありません。海水濃度が濃いという話もあり、柔らくて乗りやすいと聞くことが多いです。乗りやすい、乗りづらいの表現ではわかりにくいかも知れませんが、反対の淡水と比べて舟が跳ねにくいというイメージを持たれるとわかりやすいと思います。車でも自転車でも、アスファルトの道路と砂利道では跳ね方や乗りやすさは違います。その違いだとジキルは認識しています。そういった意味で、跳ねにくい常滑競艇場は乗りやすいのだと思います。

レイアウト考察

引用元:常滑競艇場オフィシャルサイト

スタートの57mという幅は広くも狭くもないという印象ですが、第一ターンマーク入口が40mは狭い方です。一番狭いのが戸田競艇場や平和島競艇場、江戸川競艇場の37mで、一番広いのが芦屋競艇場(福岡競艇場もですが特徴が強いので除く)の50mです。

スタートライン幅57mから第一ターンマーク幅の40mに向って17m狭くなるのが特徴の一つです。同ラインで一番狭くなるのが江戸川競艇場で21mで、17mは次に狭くなるレイアウトになります。同じく17m狭くなる競艇場は、三国競艇場、丸亀競艇場です。この2つの競艇場を見て一致した特徴は「3コース」です。そして、2コースに優しくないレイアウトです。

スリット先行した3コースに締められ、1コースは右に寄ってくる。狭くなる幅が大きい分、1コースは減速が大きくなり2コースの差し場を潰す。差しの下手な選手が2コースの時には引き波に飲まれる。それが嫌なら握るしかない。これが、常滑競艇場、三国競艇場、丸亀競艇場の一致するレイアウト特徴です。

一方、バックは123mと広く、全速で回れるので1コース有利の競艇場とも言えます。

艇間が広い、狭いとは

舟と舟の間が狭くなることで決まりやすくなるのは捲りです。一方、広くなると差しや捲り差しが決まりやすくなります。それらの考察は、ジキルの24場で確認してください。

風の影響が強い

常滑競艇場は風の影響強い競艇場で風向も定まらないことが多いい印象です。
これまで考察した水面特徴、レイアウト特徴、風の影響から、次のページで女子戦を考察します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました