9月16日とこなめ競艇女子戦5日目

ジキルブログ

記事をお読み頂くに当たり、なぜ、ジキルがそのレースを選択したのか?
その理由を参考にしていただければ幸いです。競艇予想とは、買目予想の前に、そのレースを選んだのか大事です。そして、そのレースを選んだ理由は、須らく、レーサーの選択だと考えています。
番組を見て1着と紐をイメージするよりも、1着と紐がイメージできる番組を選ぶことが重要と考えています。また、オッズの予想ですがジキルも未熟なのでイメージはしますが、いわゆるオッズ妙味のスキルは会得しておりません。

9月15日の総括

総評

若手のレーサーがスタート決めて捲ってやる!という意識が良く見えた4日目です。
川井、福岡、石丸。特に11Rの福岡の捲り差し。④細川は放れば行かれるという状況の中でスタート攻めましたが、⑤福岡は迷いなく行きました。末恐ろしい若手です。

12R。5Rもですが、平高調整外したか?と思えるほど舟が暴れています。ただ、この跳ね方、イメージで言えば思ったほど出てる、そんな印象です。ターン後に舳先浮かせようとしたらエンジンが吹けて舳先が上がり過ぎる、そんな印象でした。悪いのか良いのかわかりにくい。合えばターン出口で無双になりそうです。もう一つ、艇を当てないようにターンしているようにも見えました。ここで、事故はしたくない、そんな印象が伝わりました。次節から三節連続でG1控えています。ここで、アクシデントは起こしたくないわな。あくまでジキルの感想です。ただし、レーサーの斡旋情報は抑えた方が良いは良い。この節が本気なのかどうか、勝負する必要があるのかどうか。腕とかモーターの前に、レーサーは感情を持つ人です。

行ける方向が決められている駒ではなく、
感情を持ち、感情に「左右」される人が走っている。

そう思った方が、予想は楽しくなると個人的には思っています。
第一、自分は博打の駒と言っているが、駒であればそれすら言わないと思っています。その一言で、自分や仲間が救われている。そう理解しています。何を言われても、何を言っても、ジキルにとっては、

ボートレーサーは、全員ヒトです。

さて、ジキルの予想結果は以下の通りです。

1R。
進入予想通りの123/564でした。なづきスタート決めて握りますが、百恵がなんやろ、ベテランのような貫禄で合わせて握って何もさせませんでした。イメージ通りはイメージ通りですが、頭は捨てたと思うが、あの合わせはお見事でした。
1-3-6本線的中。

5R
進入予想の結果の前に、来田が周回展示で転覆し、5艇立てになりました。この時点で、予想は崩壊します。進入は、123/46でした。栄里佳が5コースでやらかしたと思いましたが、ここでスリット先行した平高が深見を絞りませんでした。やられそうな深見が握って着を残したレースです。

このレースを見て確信しました。平高は事故したくない。そういうスタンスの節です。理由は、前述しています。
的中は本線でしたが、まぁ、良いでしょう。明日につなげます。

スポンサーリンク

モーターマッチング情報

準優勝戦出場メンバーに黄色のラインを引いています。

☆最高マッチング
48号機 鎌倉(素直に良い。自在に操れています)
6号機  戸敷(合っている。ここまでかかるならマッチングは上位)
5号機  山本(ジキルの目を信じた。これは良い。どこからでも絡めたい)

◎マッチング
38号機 百恵(合ってる。基本自在ですが波を2本超えたのは好評価)
2号機  冨名腰(握り倒せる展開になれば)
12号機 栄里佳(栄里佳握っているときは悪くない。もう一つ良くなれば捲り差し多用。ここに注目
54号機 宇野(スタートさえ合えば宇野は最強のスタート)

〇腕枠
平高(このメンバーなら腕は一番)
川野(良いかも知れない。整備力ある)
西橋(ターン後のウィリーを評価)

ジキル
ジキル

注目していた若手が予選敗退となりました。良いと思ったのですが、エンジンより腕でやられた感があります。その中で、勝負駆けを決めた福岡の準優進出。これは楽しみです。最高マッチング評価のレーサーは3人とも準優に進出したのでホッとしています。準優勝戦は一つのレースを考察予定。そうです、ジキルと言えば、黒の〇〇。追い風吹けば面白い。

スポンサーリンク

9月15日ジキルが狙うレース

コンディション

4日目と同じ天気予報です。追い風3~4mで予想しています。ただし、風速5m以上、または、安定板装着時には参考にしないでください。この事前予想は、南東の風、3~4mで予想しています。

3R

進入123/456で、枠なり定番で予想しています。
このレースは、ジキルの女子戦予想の集合体のようなレースです。③細川の頭が売れそうなレースです。①犬童の逃げから、握って③細川、または、捲り差して13-13。そのように考えるのがセオリーです。もしくは、④田中の凹みを予想して、⑤川井の捲り差し、もしくは、⑤川井握って⑥石丸に展開が向く。色々な展開が予想できますね。

ただ、どうでしょうか?③細川がスリット先行しても真っすぐ走って壁に徹したら。
逃げ差しレースの可能性ありませんか?
4日目、②深見は握りました。明らかに着残しの握りです。ただ、それは、③平高に捲られなくないと思って握ったように見えました。③細川、同支部先輩、かつ、準優勝戦控えていて地元のとこなめ。後輩の②深見に絞る必要が全くなく、②深見が自在に攻められるのであれば、スローで決まるレースと思い選択しました。大いに、川井と石丸売れてくれればと思います。

②深見絡んでオッズ良いなら勝負です。ただ、凹んだら③細川捲るので抑えます。
12-3-12、12-12-3、3-12-12、3-4-15、3-5

12R

進入123/456で予想しています。 
予選1位。万全の状態で①川野の逃げが予想される中で、

①川野がイン飛びするときは捲られる時。では、誰に捲られるか?③堀之内かと思いますが、②山下自身の壁は薄くない。このレース、まずは、必ずスタート展示確認してください。②山下と③堀之内の縦と横の関係確認してください。

縦とは②山下と③堀之内が並んでいるのか、どちらが前、どちから後ろなのか。
横とは②山下と③堀之内の艇間です。近いか離れているのか。
②山下が縦で並んで、横で近いのなら、③堀之内を抑えて、マイシロとって差しに行きます。
ただし、横が遠いなら、③堀之内に握る幅を与えるので①川野握って反応します。この時に②山下が残せるかどうか。

4日目の①川野イン戦が流れているように見えました。追い風予想です。展示確認してから判断しますが、ここは②黒の山下から買いたいレースです。②山下差し本線です。6点。
12-12-3、12-3-12、1-3-46

ジキル
ジキル

3Rは仕込みますが、12Rは展示が見たいです。山下が何を考えているのか。正解は当然ない。ただ、それを考えるのが面白い。だから予想が面白い。山下差しか?山下壁大丈夫か?堀之内仕掛けそうか?栄里佳握れる展開なるか?こんな妄想の集合体が、競艇予想です。

ジキルの記事を紹介

スポンサーリンク

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました