2022年 ジキルが見る「江戸川競艇場特徴」と「女子戦」

ジキル式競艇場特徴

江戸川競艇場情報

オフィシャルホームページ

支部と所属レーサー

江戸川競艇場は東京都にある競艇場です。支部は、東京支部になります。
女子レーサーの東京支部所属は、

東京支部の女子レーサーは30名所属しています。全て記載と正直大変です。
オフィシャルサイトに飛べるようにしますので、そちらでご確認下さい。

東京支部所属女子レーサー
※引用元:平和島ボートレース場オフィシャルサイト

スポンサーリンク

江戸川競艇場特徴

引用元:ボートレースオフィシャルサイトより

水面特性

水面特徴の整理

水質は汽水です。江戸川競艇は全国で唯一河川を利用した競艇場です。海に近い位置の競艇場の為、海水と淡水が混ざる汽水で海の潮汐が影響する競艇場です。

川なので流れがあり他の場にない特徴です。若松競艇場のように潮汐によって、上げ潮、下げ潮は他の場にもあるにはあるのですが、川として流れているのは江戸川競艇のみです。
余談ですが、江戸川競艇で使われている川は中川です。河川で行われているので障害物がなく風の影響が強い競艇場となっています。周りは、本当に普段良く見る河川で競艇が行われています。

「日本一の難水面」と言われる江戸川競艇場です。江戸川競艇場の一旦整理します。

① 唯一、本物の河川を使われており流れている水面の特徴。
② 河口に位置しており、潮汐によって潮の流れが発生する特徴。
③ 障害物がなく風の影響が強い特徴。 

①~③までの特徴を組み合わせた「水面状況の整理」を他場よりも丁寧にする必要があります。江戸川競艇を楽しむに当たり、初めにやってほしいことは、「水面情報の確認と整理」です。参加しようとしているレースの水面という「今の顔」を明確にしてください。

組み合わせによる整理

本音を言えば、普段江戸川競艇をやらない方は、「女子戦だからといって、無理に参加しなくても良い」と思います。ただ、それでも楽しみたいのなら、江戸川競艇場の水面を整理して参加することをお勧めします。風向と風速と強弱、潮の流れる方向と流速。これに加わる、無風と止まり潮。これらを組み合わせるとオフィシャルの発表では35通りでした。一旦、どの水面状況に該当するのかを整理するのは大変です。ですから、ジキルは江戸川競艇場を楽しむときは、

オフィシャルサイトに徹底的に頼る

ことを「強く」オススメします。また、出走表には他の場にはない「波巧者」という項目があります。モーターの足質も記載されているので、是非、一度は見てほしいと思います。 
できれば、ライブで見ながら参加すれば水面状況とその状況による特徴は教えてくれます。状況がわかれば、あとは自身て展示を見て買目の予想をすれば良いと思います。もしくは、現地に行って自分の目で水面状況を確認することです。

ジキル
ジキル

江戸川競艇場は、江戸川競艇マニアとの戦いです。とにかく、江戸川マニアは水面状況を見る能力は高いです。一方、エンジン調整で言えば、出足型にして差し狙いか、伸び型にしてスタート捲り勝負が強い場でもあります。江戸川鉄平と言われる石渡鉄平のペラ調整は徹底した出足型です。これをヒントにしています。

スポンサーリンク


江戸川競艇場のレイアウトと女子戦

引用元:ボートレースオフィシャルサイトより

コースレイアウトと女子戦を合わせた特徴を4つあげます。

①本番ピットと2マークが近いため前付けがしにくい形状でかつ「流れ」があるので基本的に進入は枠なり3対3になる傾向があります。
=進入枠なりで考えられる。

②スタートラインから第一ターンマークの振り幅が21.1mと大きく、1コースが斜めに走るために逃げづらい形状です。1コースのスタートが遅れた場合2コースに絞られ捲られる傾向があります。
=スタートを決めたコースが先手を取る形状。

③第一ターンマークの幅が狭く、艇間が狭まる為に一緒にターンするよりバラバラにターンする傾向が生まれる。
=行かせる、先に仕掛けるといったより駆け引きが必要な形状。

④第二ターンマークは広く取られており、ここでの駆け引きによる抜きが発生します。江戸川は抜きの決まり手が全国一の数字です。
=腕と脚の特徴が出る競艇場。

以上が、江戸川競艇場の特徴となります。コースレイアウトと競艇場の特徴を合わせると

①スタートに届き、かつ、道中での逆転を含め「出足」「まわり足」がマッチングします。
②伸び型のモーターはスタート勝負です。捲り切れるだけの「伸び足」があるかです。
③1コースの出遅れは致命傷になります。1コースのスタート力と展示での気配は確認必須です。
④腕の質は、差し、小回りタイプが好ましく、2コースの時は狙いくなる場です。

女子戦と江戸川競艇場

スタート力と足

あまり、女子戦だからという特徴は少ないですが、ジキルが思う特徴を上げています。

①2コースがポイントです。2コースが差しなのか、捲りなのかで他のコースの戦略が決まります。その2コースを見る為には「1コースのスタートとスタートに届く足」があるかの確認が必須です。
※他のコースにも言えることです。 

②ダッシュからの捲り仕掛けですが、腕と足とのマッチングが必要です。スピードターンが劣る女子戦においては、握っても捲り切れないという印象です。あとは、捲ろうとする勇気と度胸です。

③2コースに差し巧者がいる時は、積極的に狙いたいです。できれば、捲っても、差しても上手いレーサーです。展開さえ読めれば紐の選択しやすいので、徹底的にレースを選びたいです。

江戸川競艇場と女子戦結論

ジキルが提唱したい江戸川女子戦を楽しみながら的中を得られる結論は、

江戸川の女子戦は「2コース」に注目

です。先にも触れていますが、2コースがスタート決まれば壁にもなれるし、自分で展開を作ることも可能です。他の競艇場で言えば、3コースのイメージがそのまま2コースに当てはまるイメージです。
2コースで出場するレーサーの腕(差し型、小回り型)足(出足、まわり足)を中心に予想を組み立てます。女子レーサーの特徴はこちらからご確認下さい。

スポンサーリンク

江戸川競艇場の特徴まとめ

① 水質は汽水で潮汐の影響があり、かつ、河川の為「流れ」が存在します。
② 風の影響が受けやすい競艇場で、基本的に水面は荒れています。
③ ①と②を組み合わせた水面状況が35通りあり、オフィシャルでの確認が必須です。
④ 1コースが不利なレイアウトです。1コースのスタート遅れは致命傷になります。
⑤ 第一ターンマークが狭く、スタートで先手できた艇が先に回る傾向があります。
⑥ 難水面の為、スタート力、整備力、腕の3つが揃うベテランが活躍しそうです。
⑦ 女子戦においては「2コース中心の組み立て」を提案します。 2コースで出場するレーサーの腕(差し型、小回り型)足(出足、まわり足)を中心に予想を組み立てます。

最後に

全国で一番インの一着率が低い競艇場です。一方で、他のコースの1着率が高い競艇場です。そういった意味では、的中はしにくいかも知れませんが、応援しているレーサーの1コース以外から1着が見られる可能性もありますので高配当も狙えるかも知れません。

口を揃えて江戸川は難しいと聞きます。では、一体、何が難しいのでしょう?あの場は簡単など存在しないとジキルは思っています。簡単なら、そこでやれば良いと思いますし、的中を続けてビルでも建てて下さい。競艇は、須らく、難しいのです。
江戸川競艇が難しいのは、展開予想がしくく、1コース以外の1着率が高いため、イン逃げを中心とした予想がしくい。というのが難しいの中身だと思います。であるならば、普段とちょっと予想を変えて参加する楽しさもあるということです。 

江戸川競艇は江戸川マニアとの戦いです。本来は、参加者同士で配分を取り合っているということを思い出す競艇場の一つです。攻略とは言いませんが、ジキルの記事を読んでいただき、江戸川競艇を楽しんで頂きたく思います。

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました