2022年ジキルが見る「多摩川競艇場特徴」と「女子戦」

ジキル式競艇場特徴

スポンサーリンク

多摩川競艇場情報

オフィシャルホームページ

多摩川ボートレース場オフィシャルサイト

支部と所属レーサー

多摩川競艇場は東京都にある競艇場です。支部は東京支部になります。
女子レーサーの東京支部所属は・・・、

廣中智沙衣 
倉持莉々 
平田さやか 
清水沙樹 
富樫麗加 
中村かなえ 
渡辺千草 
宮本紀美 
田村美和 
橋谷田佳織 
栢場優子 
永井聖美 
石井裕美 
稲生夏季 
中澤宏奈 
藤原菜希 
後藤美翼 
西舘果里 
黒澤めぐみ 
大橋由珠 
寺島美里 
渡邉真奈美 
生田波美音 
大澤真菜 
梅内夕貴奈 
白石有美
佐藤ほのか

大勢の女子レーサーが所属しています。こちらの名鑑に記載されているレーサーもいるので是非、確認してください。

東京支部で個人的に注目しているのは、スタートから一気に捲る中村かなえと実力上位の藤原菜希です。こうやって並べると2コース握るレーサーも多い気がします。

スポンサーリンク

多摩川競艇場特徴

水面特性

日本一の静水面。多摩川競艇場のキャッチフレーズであり、スピード戦が繰り広げられる競艇場です。淡水です。淡水の特徴は固い、跳ねるが定説ですが多摩川は別のようです。淡水でも「握っても回りやすい」事がレーサーの印象のようで、この「握っても回りやすい」というのが女子戦では重要なキーワードになります。

ジキル
ジキル

淡水で静水面。イン逃げが強い競艇場ですが、その背景には荒れにくいコンデション、標高の低さがあると思っています。このあと、レイアウトでも見て行きますが逃げから考えられるかは女子戦においては疑問が残る競艇場です。


防風林が整備されており、風の影響も少ない競艇場です。データでは、追い風が吹いていることが多い競艇場です。コンディションが良いことを理由としてイン逃げ率も気温が低い春の時期では54%です。全国平均と比較する低い方で、約2レースに一度は逃げられない競艇場と覚えてほしいですし、それがジキルの印象です。

多摩川競艇場のレイアウトと女子戦

引用元:多摩川ボートレース場オフィシャルサイト

とにかく広い。これが多摩川競艇場の印象です。1マークのバック側が87mです。センタープールで同じ淡水、プール型競艇場の尼崎競艇場と比較してみます。

引用元:尼崎ボートレース場オフィシャルサイト

まず、第一ターンマークは狭いです。狭ければ狭いほど捲りやすいのをイメージできます。その理由は、艇と艇の間隔が狭くなるからです。次に第一ターンマークの出口です。多摩川87mに対して、尼崎が73mです。14mとの差があります。この広さは握りやすさを意味します。そして、バックストーレートの広さです。鍛川108mに対して、尼崎87mです。このバックが広ければ広いほど全速でターンができる傾向があります。

車の運転でも、他の競技のレースでも同じです。曲がった先の幅が広ければ広いほどスピードを維持して回れるものです。

前述した、握って回りやすいというのは、レイアウトを見ても明らかです。ただし、握って回れるというキーワードは2つのポイントを抑える必要があります。女子戦という特徴から考察します。

一つ目は、スタートを切れるかです。自分より手前のコースよりスリット先行しなければ握りにくいものです。であるならば、多摩川競艇場のポイントの一つはスタート力にあります。ただし、静水面の競艇場なので地元が有利、地元の理というのは少ないと思います。

二つ目は、2コースが握りやすいイメージです。多摩川の振り幅は大きいので、1コースは斜めに走らざるを得ないことは似ていますが、戸田競艇場のように振り幅が大きく握らざるを得ないというレイアウトではなく、握りやすいという違いを理解してください。現に、2コースの捲り率の高さは他の競艇場と比べても最も高いデータです。

以上の考察を元に多摩川競艇場と女子戦の特徴は、2コースが捲り仕掛けをする特徴があるというこです。

女子戦と多摩川の5コース

2コースが握る可能性がある、また、2コースが握ることが多い。一番影響受けるのは1コースで、次に3コースです。何故3コースか?

2コースが何を選択するかが、わからないから一旦見る必要があるということです。
一般的に差しの2コースが捲り(握るの選択)を多用すれば3コースは見てから判断する事が多いのです。であるならば、2コースが握る傾向が強く、3コースが自ら攻めずに一歩遅れる1マークとなり始めから握って回る5コースの絡みは一考したく思います。

以上が、多摩川競艇場の特徴となります。

①日本一の静水面。風の影響が少なく追い風が多い特徴です。
②レイアウトとデータから考えられるのは2コースが握る事が多くなることで、かつ、2個コース捲り切りを良く見る競艇場です。
③2コースが握るのか差すのかを見てから判断する3コースはいきなり握る事が少ないです。であるならば、4コースが握らない限り、攻めやすいの5コースです。

スポンサーリンク

女子戦と多摩川競艇場

第一にスタート。第二に1マークで握れるか。第三に2コースに握りたがりがいないか。

この3つに絞って考察するとわかりやすいと思います。2コーの握ることが多い女子戦です。2コースが何を選択するのかを良く観察し予想してください。ジキルの過去の記事ですが、2コースの握る可能性について解説している記事があるので、ご確認下さい。

握って回りやすい競艇場であり、天候は荒れにくい競艇場です。ジキルの女子戦のポイントは2コースです。スタート決めて握る傾向の2コースを見る必要があります。女子レーサーは握るレーサーが多いです。握って回れるレーサーの特徴と足を見極める必要がある競艇場です。

多摩川競艇場の特徴まとめ

① 水質は淡水です。比較的乗りやすい淡水で握ってもターンしやすい特徴です。 
② 基本的に追い風が吹く傾向があります。強く吹くときは2コースの差しを考察します。 
③ 第一ターンマークの入り口は狭く、バックは広い競艇場です。握るがポイントです。 
④ ①と③を合わせると女子戦においては2コースの捲りは常に頭に入れておいてください。
⑤ 握っても回れる腕と足があるレーサーを見極めるのが多摩川のポイントです。
⑥ 3コースは、2コースを見てからになり、握りやすいのは5コースで注意が必要。

最後に

とにかく2コースが握るのか差すのかを判断してください。それは、レーサー特徴と風向と風速です。スタート決めて捲る。ここをイメージしながら、2コース中心に展開予想することをお勧めします。

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました