2022年 ジキルが見る「丸亀競艇場」の特徴

ジキル式競艇場特徴

スポンサーリンク

丸亀競艇場情報

オフィシャルホームページ

リンク先:まるがめボートレースオフィシャルサイト

支部と所属レーサー

丸亀競艇場は香川県にある競艇場です。支部は、香川支部になります。
女子レーサーの香川支部所属は、

山川美由紀
柳澤千春
道上千夏
西村美智子
平山智加
平高奈菜
松尾夏海
中村桃佳
谷口佳蓮
石丸小槙
山田理央

有名な選手が多い支部になります。ジキルが散々言っている黒の平山、現在最強と思っている平高、なんだかんだ着に絡む西村、A1になった松尾、返り咲いた桃佳、そして、山川美由紀です。余談ですが、香川支部の重成一人は、昔から注目しているレーサーの一人で、平高奈菜の師匠です。

活躍している女子レーサーが多く所属しています。こちらの名鑑に記載されているレーサーもいるので是非、確認してください。

ジキル
ジキル

ジキルは、秋山直之のファンですが、重成も注目レーサーの一人です。女子レーサーの平山、平高はSGにも出る腕の持ち主です。個人的に実力の香川支部と思っています。

スポンサーリンク

水面特性

引用元:丸亀ボートレース場オフィシャルホームページ

水質は海水です。潮位の変化があります。

一つの目の特徴は、潮位の変化です。一般的にある干潮時の捲り、満潮時の逃げや差しが決まりやすくなる傾向にあります。水位の高低が大きい特徴がありますので、潮位の影響が強い競艇場です。潮汐表の確認は必須になります。

二つ目の特徴は風です。オフィシャルにもありますが、とにかく風の影響を受けやすい競艇場です。風と潮汐(うねり)で荒れ始めたら荒れる印象です。丸亀は北風、向かい風が多いので、干潮と向かい風が重なったときのセンター勢の仕掛けは注目していますし、女子戦は握る傾向があるので、2コースからの捲りも視野にいれておきたいです。

三つ目の特徴は潮の入り口です。若松競艇場と似ていて、海水の入り口が2マーク側にあります。このことにより満潮から干潮に向かう時には潮が1マーク側から2マーク側に潮が流れるから向い潮、干潮から満潮時には2マーク側から1マーク側に潮が流れる追い潮になります。

四つ目の特徴は2マークです。潮の入り口が2マーク側にあります。三つ目の特徴では向かい風、向い潮でしたが、向かい風、追い潮の場合に2マーク側に波が立つ傾向があります。2マークに特徴がある競艇場は戸田や住之江が有名かと思いますが、丸亀も条件(向かい風と追い潮)によっては2マークで着が入れ替わる傾向があります。個人的には差しが上手いレーサーが思わぬ逆転を生む可能性があると思って予想しています。

二つ目の特徴と三つ目の特徴を合わせた時、向かい風が通年吹いている丸亀競艇場において、干潮に向かうときの向かい潮と向かい風が重なった時にセンター勢の捲りには注目しつつ、丸亀競艇場のレイアウトの特徴から見る女子戦の傾向を考えてみます。

ジキル
ジキル

振り幅が約16mで第一ターンマークが41mは艇間が狭くなる傾向があり捲りを狙いたくなるレイアウトです。ただ、満潮時はセンター勢の捲りが思わぬうねりなのかわかりませんが、失速、流れる傾向があるように思える特徴があると個人的に思っています。

スポンサーリンク

丸亀競艇場のレイアウトと女子戦

振り幅が16.5mと大きい特徴があります。丸亀競艇場はインが強いとイメージされている方も多いと思いますが、それは、春と夏のイメージです。確かに、春と夏はイン逃げ率約58%と全場平均と変わらない数値となっています。

一方で、秋と冬に関しては、約52%に落ちます。秋が50.8%、冬は54.4%です。この背景に向かい風の強さと気温低下によるモーター出力の関係があります。単純に冬に向かい向かい風が強くなりますが、気温低下により出力があがる為、イン逃げ率が回復する傾向です。

女子戦において、振り幅が大きい競艇場は1コースの減速が大きくなり、2コースの差し場を潰す傾向にある為、2コースが握るというレースを多く見てきました。丸亀競艇場は、その傾向があるレイアウトです。特に女子戦においては、2コースに優しくないあります。が故に握らざるを得ない状況がレイアウトの特徴になります。向かい風にプラスして潮の流れを加味して予想することをお勧めします。

こちらは2022年6月11日から開催されたオールレディースの着順をまとめた表です。4日目までのデータとしています。理由は、予選という共通点で評価したいからです。

1着2着3着
1号艇2383
2号艇61510
3号艇9107
4号艇482
5号艇4512
6号艇2214
2022年6月11日~14日までの着入り枠まとめ

特徴として2号艇よりも3号艇の方が一着率が高いです。2コースに優しいレイアウトではないことが物語っています。次に5号艇です。6号艇に関しては新人レーサーが外に出るので5コースに入ったという背景がありますが、5号艇の3着率の絡みは注目です。3号艇が思いっきり握ることで、捲り差しのラインができるとレースを見て思いました。5コースに捲り差しが出来、かつ、伸び型のエンジンなら着入りを狙える可能性があります。

水面が高くなる満潮時、常時吹く向かい風、潮の流れの存在、いくつもの条件を考える必要があるスタート、そして引き波が残り、追い風となるバックからの2マークを考えると地元レーサーに注目したい競艇場の一つです。

これらの条件により、ジキルは、より一層2コースに注目して挑みたいと思いますし、地元レーサーのスタート力と2マーク逆転は無視できない競艇場です。

ジキル
ジキル

8月にレディースチャンピオンが開催されました。39号機の香川素子が優勝しています。その時の優勝戦の結果は、解説すると面倒なので割愛します。ただ、39号機は良いモーターだと思います。誰が引くのかは楽しみです。

スポンサーリンク

モーター情報

丸亀のモーター交換時期は11月後半です。2021年11月27日交換され、1年が経過しモーターの素性は純分に把握した上で参加できそうです。丸亀の女子戦は6月に行われており、その時のモーター評価を以下にしていました。6月以降調整は行われているのは当然ですが、10月21日現在の2連対率を加えておきます。

21号機 鎌倉(伸び型)43.68%
30号機 倉持(伸び型)46.70%
60号機 實森(金田使ってから良化。出足型)37.09%
46号機 平山(好みにできれば)44.50% 
37号機 海野(ターン後の押しがかなり良い)37.75%
14号機 堀之内(伸び型)39.46%
27号機 藤崎(合えば脅威になる伸び型)37.86%

ジキル
ジキル

直前の節で上記のモーターで優勝戦を乗ったモーターはありませんでした。19,9,38,47、55、35号機が優勝戦に進出しています。リプレイを見る限り、翔太が19号機をキッチリ仕上げたな。前検と初日を見てから、2022年10月23日からの丸亀女子戦のモーターマッチングを公開します。

スポンサーリンク

まとめ

① 海水で水面の変化があります。
② 春と夏はイン逃げ率が上がり、秋で一番低下、冬で回復傾向にあります。
③ 通年向かい風が吹いていて、潮汐に伴う特徴があります。
④ 向かい風で干潮に向かうときはセンター勢の捲り。
⑤ 向かい風で満潮に向かうときの2マークのうねり。
⑥ 干潮時の捲り、満潮時の逃げと差しは一考できる競艇場です。
⑦ 振り幅が大きく女子戦においては、2コースからの捲りは予想に組み込みます。

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました