2022年ジキルが見る「常滑競艇場」特徴と女子戦

ジキル式競艇場特徴

常滑競艇場

スポンサーリンク

オフィシャルホームページ

所属女子レーサー

常滑競艇場は、愛知県にある競艇場で、所属は愛知支部です。ちなみに、愛知県には蒲郡競艇場もあります。共に愛知支部です。

着残しの笠野
捲りの細川
スタートの宇野
6コースの水野
2コースでたまに残して外す横田
実は、黒の〇〇候補の深見
※黒の〇〇、山下も浜田も原田も今は差し巧者!と言っている方はいますが、その前から見つけるのがジキルなんです。女子は2コース。深見の黒は差しが上手い。
あとは気持ちだけの出口
若手の清水3人の中で遅れたがセンスはありそう清水さくら
まだ知りません羽田

ジキル
ジキル

愛知支部。たくさん所属もしていますし、多くのスター選手がいますが、女子レーサーはそこまで多くないですし、A1になると、細川と宇野。注目は、深見。深見が2コースの時は、冗談でも良いから2-1抑えた方が良い。ただ、オッズ10倍切ったら別。そこまで信用ない。
宇野は地元だと絞って握るレーサー。普段、真っすぐ走るからと言ってダッシュの捲り予想しないと痛い目見るな。ほかのレーサーはこちらで確認してください。ジキルの女子レーサー名鑑です。

スポンサーリンク

水面特徴とコース別特徴

海水です。ただ、前検日で海水を取り込む水門が閉じるので、実質潮汐を確認する必要がありません。海水濃度が濃いという話もあり、柔らくて乗りやすいと聞くことが多いです。乗りやすい、乗りづらいの表現ではわかりにくいかも知れませんが、反対の淡水と比べて舟が跳ねにくいというイメージを持たれるとわかりやすいかも知れません。

車でも自転車でも、アスファルトの道路と砂利道では舟の跳ね方は違います。その違いだとジキルは認識しています。そういった意味で、跳ねない常滑は乗りやすいのだと思います。

引用元:常滑競艇場オフィシャルサイト

特徴的なのは2つです。スタート後の1マークが40mと狭いので舟の間が狭くなります。バックは128mと広く、全速で回れるので1コース有利の競艇場です。舟と舟の間が少なくなることでセンター勢の捲りがバックの広さも手伝って狙いやすくなります。特に3コースです。2コースは、いわゆる前シロ(2コースが3コースによって1コースから離れて差しを狙う)が取りにくくなる特徴があると思っています。

ここからはジキルのイメージです。

常滑に関しては、とにかく風向と風速です。セオリー通り追い風なら逃げ、向かい風ならダッシュから狙います。追い風が強いなら2コースからの差し、向かい風が強いならダッシュです。総合的なイメージでは3コースなのですが、狭いスタート幅で旋回する1コースでは女子の腕は膨らむ傾向があります。一方で、腕のないレーサーは落としすぎます。それを知っているレーサーは2コースから握るということをします。当たり前のことを当たり前に書いていますが、何を言いたいか。ポイントは1コースです。

当然、3コースの壁、2コースの壁も意識しますが、1コースがどのようなターンをするか、逃げられるのか、飛ぶのか。普段は、2コース。もしくは、3コースを軸に展開を考えるのですが、ジキルは常滑に関しては、1コースから考えるようにしています。

展示で1コースのレーサーが流れていないか、落として回っているのかを見て、差さる可能性、捲られる可能性を考えて予想することを提案します。

見るべきコースの軸は1コースです。そして、壁の有無はは忘れずに確認してください。
インのレーサーの特徴がモロにスローに影響する競艇場だと思っています。

ジキル
ジキル

男子戦や混合戦、記念レースやSGでも中心に見るのは3コースです。3コースが守りなのか攻めなのか?ジキルは、攻守を読むようにしています。一方で、女子戦は2コース。これは、2コースが握る可能性が男子戦や混合戦よりも高く、かつ、競艇場によっては頻度が増します。ただ、この常滑競艇はインコース。インコースの第一ターンマークの回り方、回る方法、回る癖で2コース、3コースの戦略が変わる特徴を持っている競艇場だと思っています。

スポンサーリンク

2022年11月10日~モーター情報

43号機 百恵 乗れている。それに尽きます。
14号機 愛海 直線出てないけどターンは出来てるか。

44号機 栢場 バランス型ですが、伸び良く出来れば栢場に合う。
2号機  薮内 回り足良く見え差し型の薮内向きか。
63号機 永井 好きな伸びタイプ。
12号機 大石 気持ち良くは乗れているが直線弱いか。ここ合わせられれば。

ジキル
ジキル

有名レーサーを避けて6人選択しました。中でも百恵、愛海、大石が直線さえ出せれば面白いな。調整力を見てみたい。周り足は良いし乗りやすさもある。有名レーサーであっているのは、山下かな。差し型なのでこの足なら偶数コースならどこからでも着狙えるか。

まとめ

常滑競艇場の特徴をジキルの印象で記事にしています。
一つの情報として読んで頂き、常滑競艇を楽しんで頂ければと思います。

① 海水でやわらかい水面で乗りやすい競艇場です。
② 風向、風速は随時確認が必要です。正直、事前予想が難しい競艇場の一つです。
③ ジキルがイメージする常滑競艇場は1コースです。膨らみやすい特徴があります。
④ 風向、風速によってセオリー通りに予想します。風が強い傾向があります。
⑤ センター勢からの捲りを狙います。故に、壁の有無の確認が必要です。

ジキルの記事をご紹介

最後に

個人的には風が読みにくいので事前予想がしにくい競艇場です。展示情報がポイントになる競艇場なので、ジキルが事前情報をあげたとしても展示での確認は必須です。風向外しただけで展開予想がかわりやすい特徴があります。

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました