競艇女子戦で悩まされる「2コースが握る」

競艇かわら版

スポンサーリンク

はじめに

本記事は、ジキルが考えていることを記事にしたいと思います。
本来、一人ひとりのレーサーを調べて、2コースから握る確率を出すべきなのかも知れません。ただ、例えば2コースから〇〇は60%握るというデータがあったとして、そのレースで握るかどうかはわかりません。過去のデータからレーサーの戦術を見極めるのは、数字だけでは難しいと思います。

確率論で全て解決できるのであれば、競艇はギャンブルではなくなります。

調べるには莫大な時間がかかります。そして、調べた数字が有益な情報なのか疑問を持ちました。本当に調べるなら、場別、風向、風速、1コースと3コースとの関係など、いくつもの条件を重ねる必要があります。

ジキルの直感を記事にできたらと思います。数的根拠がほしいという方には、ジキルの競艇に関する情報は向いていないかも知れません。ここで読むのをやめていただいて結構です。ただ、レーサーの選択を数的な根拠で導けるのなら見てみたいものです。
ジキルの見方、考え方を記事にしました。「情報の一つになれれば」幸いです。

スポンサーリンク

2コースが握る可能性(選手間特徴)

1号艇が同支部であるか否か

一番初めに見ます。先輩後輩関係なしに1コースと2コースが同じ支部でないかどうかです。同支部だと、2コースは差しを選択する傾向にあります。ただし、2コースがスタート後に1艇身先行していたら話は別です。特に一般戦になるとより顕著になると思われます。スリット同体で「無理に直捲りに行く」というのは少ないです。
レーサー達も2コースからの捲りは1コースのラインを潰すとわかっています。同じ釜の飯を食って来た仲間に対して奇襲まがいのことはやりにくい。条件によってはインなので逃がしてあげたいという気持ちもあると思います。

スタート力の差

次にスタート力の差でデータを見て判断することは多いです。さすがにスタート後に1コースより1艇身以上前にいれば、女子に関しては、誰でも直捲りを狙います。行かないケースもありますが、それは3コース号艇を抑える必要がある時か、見えない壁(先輩後輩、師匠弟子の関係)だと思っています。同支部で先輩が1コース、かつ、一般戦という条件が揃えば、本当にスリット後に出ていかない限り差しを選択すると思いますし、もし握ったとしても着残しの握りという3コース潰しの握りを選択する傾向があると思います。逃がして残す2コース捲りです。

レーサー特徴

私にとって代表的なのは、池田浩美、藤崎小百合、栢場優子、生田波美音、松瀬弘美、後藤美翼、清水沙樹、永井聖美です。他にもいます。ただ、これも絶対はなく可能性が高いとうレベルです。そういえば、この前2コースで握ったよな。と蓄積することでニギリタガール(どのコースでも捲りを仕掛ける女子)が見えてきます。ジキルが作成している「女子レーサー名鑑」の中に2コースの特徴を記載しているレーサーも多いので確認してください。

2コースが握る可能性(当日の判断)

周回展示で判断

周回展示の1マークをどのようにターンしているかで、何を選択しようとしているのか想像出来る時があります。これは、展示を何度も見て下さい。1マークを2周リプレイで見られる場は、1回目と2回目の違いです。2周見られて2周とも同じようであれば、差しか捲りかイメージしていると見て、違うのであれば、手応えありそうな方を選択している傾向にあります。
乗っているモーターの特徴を活かす意味で握ったと思うこともあります。ジキルにとって展示とは、レーサーのやる気とモーターの確認の場です。良ければ、ジキルがどのように展示を見ているか、こちらの記事をご覧ください。

風向と風速

追い風5m以上。この条件では、2号艇の差しが有効になる傾向がありますので差しを選択するレーサーが増えますし、予想も2号艇差しを選ぶことが個人的に多いです。ただ、安定板装着となるとまた、違った見方になりますので別の機会で記事にできればと思います。
一方で向かい風の場合は、1、3コースが握って回りやすくなり、その条件は2コースも同じです。

競艇場の特徴

いわゆるイン戦受難な競艇場、戸田競艇場や平和島競艇場など、スタートから第一ターンマークまでの振り幅が大きく、斜めに走らざるを得ない1コースが幅が取れないと「減速しなくてはターンできない、しにくい」展開になります。1コースの減速が大きくなると起きる現象は、、2コースの差し場がなくなることです。握らないと引き波に飲まれて3着すら危うくなります。(男子でもこの傾向があります)スリット同体でも1コースが第一ターンマークでどれだけ減速しているのかは、展示で確認しておくと2コースの選択を考える材料になります。
ジキルは、24場ある競艇場の特徴を記事にして、さらに女子戦と合わせて考えた時に起こりうる傾向を記事にしています。こちらの記事は24場を羅列して比較した記事です。

スポンサーリンク

まとめ

①同支部や同支部先輩、先輩後輩、師弟関係で2コースが握るかどうか判断の材料になります。
②スタート力の差で2コースが握るかどうかの判断ができます。
③レーサーの特徴を把握することによって握る可能性を含む展開予想ができます。
④風向、風速、潮汐、周回展示といったレースのコンディションや周回展示でも握る可能性を予想できます。
⑤競艇場のレイアウトによって握る可能性がある事が予想に加えられます。

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました