競艇における「買ってたら当たっていたという思考」

競艇かわら版
スポンサーリンク

スポンサーリンク

競艇やっていて思ったことがある感情

 競艇を始めたばかりの方でも、長く続けている方でも、考えたこと、思ったことがあるといわゆるあるあるについて記事にしたいと思います。当然、ジキルも何度も、いや、何万回も考えたし、思ったことがある感情です。少し羅列してみます。

① 自分が買う時に限って荒れる。
② 自分が買ったらフライングや事故レースになる。
③ どうして、自分が乗った時に限って提供された予想は当たらないのか。
④ 平買いにしておけば良かった。
⑤ 資金配分にすれば良かった。
⑥ やっぱり本線に張れば良かった。
⑦ 買っていれば当たってた。
⑧ 予想ツイートしたときに限って外れる。

今回は、⑦の感情を元にした記事にします。

ジキルの経験上、また、たくさんの方とギャンブルについて話しをしたり聞いたりした結果、
現状で至った結論は、あまりよろしくない思考だということでした。 

他の項目にも関係する共通的な思考であり、ひいては、ギャンブル全般においても大事にしてほしい考え方だと思います。読者様に考え方を変えろとは言いません。加えて頂ければ幸いです。もし、⑦にある「買っていれば当たっていた」という感情になった時に、

「そういえば、ジキルは何か言ってたな」

というレベルで思い出してください。
繰り返すことで実感するか、それとも、ジキルの寝言であったのかは、読者様自身で決めて下さい。それほど長い記事ではありませんので、気軽に読んで頂ければ幸いです。

それでは、スタートします。

買っていた当たっていたのにという感情。

今一度、この感情に陥ったことがありませんか?

そして、

焦って舟券購入をしてしまったことないですか?

結果はどうだったでしょうか?

買えば当たっていましたか?

それとも、不的中でこれらの感情になりました

① 自分が買う時に限って荒れる。
② 自分が買ったらフライングや事故レースになる。
③ どうして、自分が乗った時に限って提供された予想は当たらないのか。

当然、的中された方もいると思います。

注)ここで一緒にしてほしくないのは、
ギリギリ締め切りに間に合わなかった時に間に合っていたら当たっていたという感情は除外してください。
そして、3着を流せば良かった。この感情も除外して下さい。性質が違います。

買えば当たっていたということは、舟券を買わなかったということです。 
最後の最後で購入をためらってしまう「理由」を思い出してみください。

自由に買い目を予想している時と、実際に購入しようとした時との一番の違いを考えてみてください。

ジキルが思う最大の違いは、

オッズです。

当然、違う理由もあると思います。
ただ、オッズを見て購入をひるんでしまったことないですか。
例えば・・・、1-2-9(全)で購入しようと考えた時。

1-2-3 5倍。
1-2-4 7倍
1-2-5 12倍。
1-2-6 36倍。

本命来たら5倍ならやめておくか・・・。結果は、1-2-6。

はい。買えば当たっていたのに。

この辺は、競艇を始めたばかりの方に多いかも知れません。

次に競艇を比較的長く楽しんでいる方。
例えば・・・。

4-1-5 100倍
4-1-6 150倍
4-5-1 200倍
4-6-1 350倍

こんなに配当いいのか不安だな・・・。結果は、4-6-1。

はい。買えば当たっていたのに。

そして、焦る。次は、買うぞと思って購入する。
外れる。

もし、この経験なかったり、克服したり、自分には関係ないと思った方は問題ありません。
あなた様は、買えば当たっていたのにという感情と違う感情を持っていらっしゃるので、問題はないかと思われます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました