宮島競艇予想 女子戦5日目 10月5日

ジキルブログ

はじめに

親愛なる読者様、いつもジキルブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

昨日触れた、長く競艇をやっていると変わることと変わらないことがあると記事にしました。

こちらです。

一つですが、変わることの代表的な例を紹介します。変わるというか、何度も変わったり戻したりを繰り返しているのは買い目数です。ちなみにジキルの現在は、絞るがトレンドになっています。(もはや、何度も変わるので時々のトレンドになっている)正直、買い目数はオッズとの兼ね合いなので何点が正解とは思っていませんが、買い目は、少なければ少ないほど良いのは言うまででもありません。ただ、少ないほど良いというのは「的中」した場合に限るということで、あと1点広げていたら万舟取れていたという感情は死ぬほど経験あります。

ただ、時に冷静になる時があります。競艇は、すべて選択によって成り立っていますので、結果が出てから後悔したとしても、その時に選択していないのですから、どのカテゴリーの選択に誤りがあったのかを考えた方が精神的に良いと思います。カテゴリーとは、スタート、スリット、1マークの展開、2マーク進入の体系、腕などです。細かくするとどんどん細かくできますが、細かい情報を集約して、いざ予想となるとこれらを元に展開予想しています。スタートが揃うという展開を選択したのであれば、4コースからの捲りは予想しないと思います。でも、あると思ったんだよなという後悔があります。であるならば4コースからの捲り展開を予想に加えれば良いのですが、買い目が広くなるとかガミの目が出るなどを考えて、スリットが揃うを選択したのです。増やせば良かったと考えるよりも、展開が絞れないなら参加しなければ良かったと思った方が無駄な買い物をしなくて済むかも知れません。

今回の記事は、自分に言い聞かせるように書いた節があります。何度も変わっているとお伝えした通り、今現在のジキルの理解が「レース選択」に反映されます。展開予想がいくつも予想されるレースは参加しないという選択になっていて、あくまで買い目数より前にレース選択なのです。

出走表を見て頭を予想することより、頭が予想できるレースを選択する。頭が予想できるとは、すなわち、展開予想がイメージできたレースの選択です。(当たるかどうかは別)
この話続きます。

4日目総括

向かい風3m~4m。何とかもったなと思いましたが、とにかくスロー勢のスタートが決まらない。そんな1日だったと思います。まさに、宮島の向かい風。発表よりも実際は吹いたり吹かなかったり、時には強く吹いたりしたのだろうと想像しています。それくらい、スタートが決まらない1日でした。逃げ5本の万舟4本。ジキルの選択したレースも軸にしたレーサーが遅れてスタート前から勝敗が決まりました。ただ、今日のイメージを明日に引きずらない方が良いと思います。明日の予報は「追い風予報」です。北東の風は真後ろからの追い風です。当然、当日にならないとわかりませんが、宮島の追い風は一気にイン逃げ祭になる印象があります。

宮島は、2日目から参加しており、4日目までの結果は、6レース参加宣言して、2レース的中。43枚購入し払い戻し44.5枚(一枚平買い想定)です。このまま終われません。それでは、ジキルの4日目の結果です。

3R
捲り展開の軸にした③中里が遅れ、④道上に捲り差しで沈められました。スタートを決めノーマークだった②大澤の捲り。③中里のスリット先行予想でした。完敗です。

5R
壁として信頼した③深川のドカ遅れ。以上です。,78レベルの遅れは何も振り返れません。

モーターマッチング情報

準優勝戦進出レーサーを黄色のラインを引いています。

☆最高マッチング
67号機 裕梨
68号機 落合

32号機 西岡成美

◎マッチング
48号機 前田
15号機 由珠
55号機 小葉音
56号機 向井田
22号機 浩美
53号機 岸
69号機 深川 

16号機 菅野

〇腕枠
寺田(無双の可能性大、あえて腕枠で)
日高
山川
松本

ジキル
ジキル

正直、前田が見当違い過ぎました。もう一伸び、そんな印象です。最高マッチングの3名は準優に進出してホッとしています。落合が11Rでイン取れています。成美は最終の2号艇です。小葉音は惜しかった。良く見えていますので、チャンスがあれば狙いたいと思います。前田は展示見てです。もう一伸び付けられれば条件によっては狙えると思います。

い。その前に③佐藤が絞れば展開広くなりすぎるな。これこそ展示とオッズ見てからですね。


スポンサーリンク

10月5日ジキルが狙うレース

コンディション

天候曇り。湿度は4日目と同じくらいですが、風向が変わります。北東の風、追い風3m予想です。先に触れましたが、4日目のイメージを捨てたほうが良いと思います。スロー勢のスタートが決まりやすくなると思いますので、踏まえてレースを選択しています。もう一つ。追い風は追い風ですが、北東の追い風。これは宮島のレイアウトですと、スタートに対して→から↗の方向の風です。セオリーでは、捲りは流れる風向で、これまで決まっていない「2コースの差し」は意識してみてください。ジキルは、意識して参加します。
満潮1850(12Rが一番水面高い)
干潮0945(4Rが一番水面低い)

4R

干潮の時間の角に④岸を入れた時点で番組マンの思惑がわかります。④岸の捲りからですよね。ジキルは違います。今節で言えば、なおかつ、追い風3mなら、③小葉音の壁は機能すると思います。そして、②栢場の黒は握ることがあります。これが厄介ですが、言い方変えると2枚の壁です。③小葉音がスタート決めてスリット先行し(足も十分)②栢場と④岸に差しの選択をさせられるレースです。②栢場が握った時の展開のみ押さえます。
1-34-346、3-1-46、3-4

9R

②石井が同支部大先輩の①千草を逃がすレース。②石井は足が悪いと握る傾向のあるニギリタガールです。当然、①千草に対して、千草を潰すような握りではなく、やるとすれば③角に合わせた握り。そうなると差して④綾の浮上です。②石井が差しても入る足なく遅れ差しで③角をけん制すればよい。このレース、追い風も手伝い逃げと見ました。紐は混戦で迷いますが、スリットさえ揃えば前で決まる。
1-23-234、1-4-236

ジキル
ジキル

準優勝戦以外で2つのレースを選択しました。準優勝戦でイメージできたのは最終12Rです。②成美の黒は上手く差して残せる腕も足もあります。1-2のレースと見ましたがオッズ見てからです。

ジキルの記事を紹介

スポンサーリンク

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました