宮島競艇予想 女子戦最終目 10月6日

ジキルブログ

はじめに

親愛なる読者様、いつもジキルブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。
10月4日から、長年競艇を楽しんで変わったこと、変わらなかったことを「はじめに」に記載してきました。連載と言えば連載ですが、ただ、まとまらず長い文章をだらだら書いてあるだけです。この「はじめに」をジキルがみなさんにお伝えしたいことの欄として活用していきます。

過去のはじめにを興味があれば、ご覧いただければと思います。

さて、変わらないものを紹介します。変わらないものは、自分が来ると思う目に張って負けを取り返すということです。この文章だとわかりにくいので補足を。ジキルの予想を見てもらえればわかるのですが、細かく分けています。最近のトレンドで言えば、本線4点、対抗2~3点、抑え2~3点です。

本線は、来たらこれまでの負けを勝ちに変換できるように賭けます。
対抗は、来たらちょっとプラスか元になる程度。
抑えは、元からちょっとマイナス程度になる賭け方です。

この賭け方は傾斜と呼んだり、最近ではドラなんて言葉も目にしますね。ここで疑問なのが期間です。いつからいつまでの負けを一回の的中で取り返すのか?ということですが、それは、貴方自身で決めて下さい。ジキルも今日の負け、昨日の負けまで、節間とその範囲は決まっていません。むしろ、これまで競艇で負けた額を一回の的中で取り返すぞ!なんて言ったら、率直にイメージして・・・5000万は必要です。無理です。だから範囲は自分で決めてください。今日の負け、今週の負け、今月の負け、今年の負け。範囲はそれぞれで良いのです。だって、使える資金がそれぞれ違います。

ジキルの変わらないものと正反対なのが「資金配分」です。

資金配分とは、自分の賭けた点数とオッズに対して自動で資金を配分し、どの目が来てもトータルの掛け金に対して同金額の配分を得られるという賭け方です。合成オッズという言葉を見たり、聞いたりしたことがあると思います。合成オッズが3倍なら、自分が買ったどの目が来たとしても、そのレースに賭けた金額の3倍を得られる賭け方です。恐らく、競艇をギャンブルではなく投資として考えるならこの賭け方が正解になると思います。

他には均等配分です。自分が買うどの目に対しても同じ金額を賭けます。思わぬ展開で中穴、大穴が来た時に最大限に威力を発揮しますが、オッズが安いと掛け金以下の配分になることもあります。

掛け方に関しては手法になります。ジキルの資金配分の選択は本線なら本線の中で行うことが多いです。本線4点なら、その4点で資金配分し、対抗や抑えはオッズによりますが全体の掛け金の何%戻すかを考えて金額を決定しています。

ただ、この賭け方に関してのみ正誤があるなら誤です。全体の資金配分の方が良いとは頭で思っています。なぜなら、ギャンブルにギャンブルを重ねているからです。抑えが来たらガミまである。本線なら大きく勝てる。この時点で競艇の的中というギャンブルに加えて配分というギャンブルをしているのです。ギャンブルを楽しむなら良いのですが、極めたい(難しいが)と思っているなら、ギャンブルという運任せの要素を一つでも減らすのが正解だと思います。

さて、買目に対しての張り方について記事にしましたが、張り方は手法なので変わらないところの元を改めてお伝えします。

それは、的中したら勝ちになるように張るということです。

的中したら勝ちになる、どこまでの範囲の負けを勝ちにするということについては人それぞれ、どのような賭け方に関しても人それぞれです。あくまでジキルは、ジキルが決めた負けている範囲に対して、本線が的中したら捲れる賭け方をしていうことです。この真理だけお伝えして終わりにします。

ギャンブルに向いている人間は的中した時のことを考え、ギャンブルに不向きな人間は不的中の時を考える。不的中の時を考えるなら買わなきゃ良い。的中すると思っているから買う。レーサーに金を預ける。この違いは大きい。とりあえず買う、様子見ながら買うと言ってついつい参加してしまう方は、その無駄な買い物をやめることから初めてほしいと思います。

5日目総括

追い風の影響か、一般戦になって無理していないのか、要因はいくつもありますが、イメージ通りイン逃げ8本と逃げ主体の一日でした。ただ、逃げての2コースが3つとイメージよりも絡りませんでした。差して2コースの頭があるかというレースもイメージしていましたが結果は0です。

今節、2コースから差しが決まったレースは2つしかありません。全体で7つの2コース1着はありますが、他は捲りです。向かい風の日もありましたが、あまりに決まらない印象です。宮島の2コースは差しにくいのか。この仮説は記録しておきます。あくまで女子戦。このブログに記しておけば読み返すことができます。

宮島は、2日目から参加しており5日目までの結果は、8レース参加宣言して4レース的中。57枚購入し払い戻し73枚(1枚平買い想定)です。+16枚で最終日突入です。それでは、ジキルの4日目の結果です。

4R
イメージ通りでした。③小葉音が,10のスタートを決めて握って2着です。しっかりかかっており、良いと評価していましたので、ここは文句なしの的中でした。
本線的中1990円。

9R
追い風5mと本来参考にしないでほしいレースでしたが完璧な②石井の壁でした。③角へのけん制も完璧です。ここでジキル語録108の内の1つをお伝えしておきます。東京支部、先輩に対しては、
絞らない、捲らない、抜かない。です。ただ、よほど遅れたら捲るので注意してください。
本線的中860円。

モーターマッチング情報

準優勝戦進出レーサーを黄色のラインを引いています。
優勝戦のレーサーを赤のラインを引いています。

☆最高マッチング
67号機 裕梨
68号機 落合
32号機 西岡成美


◎マッチング
48号機 前田
15号機 由珠
55号機 小葉音
56号機 向井田
22号機 浩美
53号機 岸
69号機 深川 

16号機 菅野

〇腕枠
寺田(無双の可能性大、あえて腕枠で)
日高
山川
松本

ジキル
ジキル

腕枠にした寺田が無双状態で優勝戦、堂々のイン戦です。今年はまだ優勝なし。②落合壁にして逃げられるか楽しみです。最高マッチングの②落合、⑤成美も優出です。⑥原田がそこまで良かったかという印象でした。

スポンサーリンク

10月6日ジキルが狙うレース

コンディション

天候曇り。湿度は5日目より10%下がります。北東の風、追い風3mは5日目と同じ予報です。
干潮が1302と7R付近になります。前半が向かい潮、後半は追い潮です。

満潮0638
干潮1302(7Rが一番水面低い)

4R

F2の足かせがある中で準優進出した①かなえ。よく頑張ったと思います。準優勝戦も日高に負けるものかと艇を寄せて寄せて3着もぎ取りました。ここでイン戦ですが、追い風で絶対に無理はできない状況で、かつ、②喜多の壁は薄い。この②喜多は本当に難しいレーサーでモーター合えば力を発揮できるタイプですが、恐らく整備力なくダメな節は最後までダメです。ここで満を持して推したいのが③前田のスリット先行からの捲りです。そして、⑤山口の黄色です。捲り差し上手く、スリットも④道上を先行しそうです。⑥田村が良いのが気になります。ただ、⑤山口が④道上よりも1艇身出たら話は別で③前田が壁優先になります。その展開だけ抑えます。かなえは負けん気が強い。
3-15-156、1-35-35、5-1

7R

③綾の3コースの壁は信頼です。③綾自身が攻めない限り、後ろの展開はないかと思います。信頼できる壁がある中で、黒の②中里です。②中里は基本差しのレーサーですが、今節は握って1着取りました。スタート不安のある①深川ですが、追い風も手伝い②中里が握る判断するまで遅れないと思います。というか信じたい。(一度やらかしているので)②中里差しで、③綾は真っすぐ走って壁。追い風の逃げ差しレースを狙います。②中里は確信ある時しか握らない印象で、この展開のみ抑えます。
12-12-34、1-4-2、2-34

ジキル
ジキル

最終日の参加は2レースの参加宣言です。合計14枚で節間では勝ち確定です。ジキルひよっているなと言われればそれまでですが、ギャンブルは憶病になればなるほど良いと思っています。ただ、それだとプライドもへったくれもないので、優勝戦のチャートを公開します。ジキルは、展示を見てからです。

優勝戦チャート

①寺田千恵 岡山 65期
②落合直子 大阪 94期
③山川美由紀 香川 57期
④岸恵子 徳島 73期
⑤西岡成美 徳島 123期
⑥原田佑実 大阪 97期

チャートだけを見ればマジか!?と言いたくなりますよね。だから、ジキルは展示を見てからです。では、何を見るのか?スタートは、あくまでスタートタイミングです。スタート後にスローなら伸び返したり、ダッシュなら伸びたりします。要は、スタートはタイミングだけで全速でスタートラインを通過したり、合わせたりして(いわゆる放る)スリット後は変化することも多いです。だた、スタート上手いレーサーが全速でかつモーターや調整ももスローダッシュで合わせられるなら、このチャートだけでは不完全です。展示を主として予想している方のスリット予想はスリット前、スリット後を確認しているのだと思っています。

ジキル
ジキル

①寺田の逃げ。足も実績も腕も申し分ないですし、②落合の壁も信頼できます。追い風予想で湿度も低い。ジキルは、展示を見て判断します。みなさんは、このチャートを見て何を思い、何を狙いますか?
コメント欄開放しています。みなさんの予想が聞けたら嬉しいです。

ジキルの記事を紹介

スポンサーリンク

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました