住之江競艇予想 女子戦最終目 10月16日

ジキルブログ

ジキルより「3つの2コース差し」②

親愛なる読者様、いつもジキルブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。
今回のテーマは、「3つの2コース差し」です。同じ差しでもレーサーの特徴や相手との関係によって様々です。一つの展開予想に加えることで、2コースの1着や紐の選択につながると思っています。今日は、①「マイシロ」とって差すについて解説します。

①「マイシロ」とって差す。
・1コースと広く幅を取ります。(3コースに寄る)
・1コースがターンした後に十分な距離がある特徴です。
・1コースを行かせていますので引き波が小さい場所を直線に入ります。
・直線距離が長いので加速しながら1コースに舳先を届かせます。

 女子レーサーに多い差し方だと思っています。3コースをけん制する効果があります。また、4コースのラインに被るので、4コースは更に内側を狙って差す技量が必要になります。1コースの引き波に飲まれにくい特徴があるので差しが決まらなくても残る傾向があります。ただし、3コースが自分の引き波に入れようと握れば着外にもなります。この差しは3コースよりもスリット先行できるか否かで着の判断しています。

②1コースに「早めに」握らせて差す。
③3コースに「遅れて握りらせないようにして」から差す。

それでは、次回は、②1コースに「早めに」握らせて差すを紹介します。

今後ジキルが書きたい記事、書くと宣言している内容をメモ。
① 今年の連載、点から線へ、線から面へ、面から立体へ。
② 競艇は100%当てられるギャンブルから何を考えるか。
③ 2コースにおける3つの差しから展開予想を考える。
④ ジキル式、モーターマッチングの評価方法。何を見ているのか。
⑤ 男子は3コース、女子は2コースが予想のキーになる理由。
⑥ 縦と横。昨日と比べて、隣と比べて。(どこかの連載に入るかも)

住之江5日目総括

2コースの2連単率が8レースと2コース中心の組み立てが必要だった5日目でした。今節、追い風が続いていますが、2コースの1着が極端に少なく5日目にして3つの1着、差し1、捲り2の結果です。準優勝戦では、予選1位通過の清埜が,04のトップスタートを決めて危なげない逃げ。3コース中田のスローには何もさせないアシストがありましたが、それでも見事な逃げです。注目は富樫。スリット後の伸び返しがあり伸び型の良いエンジンです。優勝戦で5号艇細川の上を行けるかは展示で確認します。
10Rも優美の逃げで決着。
チャートで触れた11Rは、進入変化がありました。展示では126/345、本番は126/354。本番では、すんなり③大豆生田が入れ、⑥高橋は3コースよりも前には入らない姿勢を見せ進入はそこまで深くありませんでしたが、4コース③大豆生田が,08のトップスタートを決めて捲り切りました。しれっと薮内が5コース取ったのはあまり触れられていませんが嫌いではないです。このレース、見事だったのは②山下。あそこから握って⑥高橋と⑤薮内のラインを潰して2着に入りました。あれは、上手い!と声が出ました。

住之江は3日目から参加しています。4日目を終わり購入レース6R、的中3R、全返還レース1R。
購入枚数35枚、返還4枚、払い戻し35.8枚、合計39.8枚です。節間プラスで最終日です。2節連続勝ち越したいものです。

ジキルの結果です。

1R
①関野、渾身の,03スタートで圧巻の逃げ。②薮内本線の予想でしたが、ターンがかからず①関野にラインを潰され何もできず。道中でもターンがかからずモタモタしているところで④高田綾に逆転されました。②薮内は、乗れてませんでした。


7R
展示を確認して参加しています。展示では、②平山差し選択と読みましたが、本番は握りました。何度も展示を見直して、捲りの意識がなかったのかを確認しています。ただ、③矢野が,30とスタートが遅れ、④小池にとっては絶好の捲りチャンスでした。②平山は④小池が見えており、けん制しながら握っています。レース展開で握る判断をしたのかと思いました。その分、1コースとの距離があり、①島田が残せたレースです。道中戦を制したのは⑤つぐみ。ここは読み通りでした。
本線的中2-1-5 1,020円。

モーターマッチング情報

準優勝戦進出レーサーに黄色のラインを引いています。
優勝戦進出レーサーに赤色のラインを引いています。
(腕枠で追加した二人は引いていません。初めから読めませんでした。後付けです。)

☆最高マッチング
30号機 中谷(このエンジンはレベル違う、中谷乗れてます)
18号機 関野(地元での復帰戦。勇気いるけど合ってる)
※ダメです。ブランクあり過ぎです。
68号機 富樫(52kgキープ。ハンデ有であの伸びなら)

〇マッチング
28号機 平山(出足、回り足かなり良く注目)
63号機 中田(化ける可能性、潜在能力あり)
55号機 清埜(あのかかりは清埜向き。高速ターンできる)

15号機 五反田(角狙います。捲り差し入る足はある)
※フライングで賞典除外。
75号機 中澤(地味ですが2コースなら捲れる可能性)
11号機 門田(遠慮している内は無理。一般なるまで見ていてほしい)

〇腕枠 
21号機 細川
16号機 山下

31号機 原田

落合(12日追加)
優美(13日追加)

ジキル
ジキル

最高マッチングからは富樫が優出を決めました。本当に良いエンジンだと思います。清埜は予選1位通過で準優勝戦逃げて優出。初優勝を賭けてあと一つ逃げるだけです。贔屓している埼玉支部の女子レーサーなので、ここは踏ん張ってほしいと思います。③大豆生田は、同期同支部の清埜の為に何が何でも壁になるレースならば、②優美はどうするかです。

スポンサーリンク

10月16日ジキルが狙うレース

コンディション

天候は晴れ。風速が1~2m予報です。前半が向かい風になる可能性ありますが、後半は追い風かと思います。風はそこまで気にしなくて良いですが、湿度が高くなります。スロー勢の出足は、展示で確認しておきたいところです。
ここに書くのもどうかと思いますが、7Rにまた平山2号艇。黒の平山は問答無用で買いですが事前予想はしません。さすがに3日連続は・・・、ということです。ただし、黒の平山のレースは見てほしいです。2コースの立ち回りが本当に上手く、似たようなレーサーを探すと思わぬ黒の〇〇が見つかる可能性があります。ジキルはそうやって、山下、滝川、大豆生田をA1になる前から発見してきました。

5R

狙うのは④つぐみです。今節スタートをバシバシ決めています。全レース5,6コースで7走の内5走トップスタートを決めています。⑤野田、⑥喜多須は、今節フライングで、かつ、F2です。コース取りにはいかないので、④つぐみは今節初の4角戦になります。壁は③矢野。今節平均,18スタートですがスタート順位が4.43です。リプレイを見ている限り、あまり掴めていないようにも見えます。ただ、この③矢野が遅れるかよりも、④つぐみのトップスタートからの「捲り差し」を本線予想にします。インは、モーターマッチングで最高を付けた①中谷ですが、何かと不安が多く②実沙希の差し切りまで考えます。F2はコンビは、④つぐみの展開待ちです。
4-12-125
1-4-2
12-12-4

9R

①真子のイン戦はいつも不安です。メンバー的に売れそうなので、①真子のイン飛びを狙って選択しました。では、どうやって飛ぶのかですが、今節スタート決まっていない②喜多に対しての③古賀の自在戦です。最近目立ちませんが、③古賀の3コースは捲り差しが使えるので、自在に攻められる特徴があります。今節は2日目6Rで3号艇がありましたが、富樫にスリット先行されて富樫を見てからになりましたが、本レースにおいてはスリット②喜多よりもスリット先行できそうです。オフィシャルでも無印の③古賀の自在戦本線です。古賀の赤に期待します。⑥つぐみの3着付けはオッズ確認してください。
13-13-246
1-4-36

ジキル
ジキル

一般戦から2つのレースを選択しました。楽しみなのは9Rです。久しぶりに古賀の赤がかき回すところを見たいです。優勝戦は、前述した通り③大豆生田がスローに何もさせない立ち回りで、かつ、捲り差しで優美を沈めにかかると思います。②優美は基本差しのレーサーです。③大豆生田がスロー勢の牽制に集中した場合、②優美がノーマークになります。それらのイメージで逃げ差しレース本線かと思っています。展示見てから判断します。

ジキルの記事を紹介

ジキル式:女子レーサー名鑑
ジキルが見る住之江競艇場特徴と女子戦

スポンサーリンク

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました