一度でもギャンブルをやめたいと思ったことがある方へ。「習慣編」

競艇かわら版
スポンサーリンク

スポンサーリンク

はじめに

質問します

ギャンブルを楽しんでいますか?
それとも、ギャンブルに苦しんでいますか?

こちらの記事をご覧になっているということは、
一度でも「ギャンブルをやめたい」と思ったことがあるからですね。

そして、

本当は、今すぐにでもギャンブルをやめたいと思っているのではないでしょうか?
やめたいけれど、やめられないと思っているのではないでしょうか?

以下の質問をします。素直に答えを出してください。

① ギャンブルをするために嘘をついた。
② 自分にとって使ってはいけないお金をギャンブルに使ってしまった。
③ 自分の意思でギャンブルをやめられなくなったことがある。
④ ギャンブルをやり始めると、時間や金額がわからなくなる。
⑤ ギャンブルをするために借金をしている。
⑥ ギャンブルが原因で家族や友人と喧嘩したことがある。
⑦ ギャンブルの負けをギャンブルで取り戻そうとしている。

もし、7つの項目で当てはまることがあるなら、あなたは苦しんでいると思います。

7項目の内、5項目以上当てはまる方。必要であれば専門医、または、専門機関を頼ってください。重度の依存症の可能性があります。インターネットで「ギャンブル依存症 相談」「ギャンブル依存症 治療」といった検索をすると様々なサポートを調べることができます。専門機関を頼ってください。

この記事は、まだ、自分の意思でギャンブルをやめたり、適度な遊びに切り変えられる可能性が高い方向けの記事になります。

当てはまる項目がない方は、これまでどおり健全にギャンブルを楽しんでください。

なお、私は医師ではありませんし、専門機関に従事している者でもありません。初めにご了承ください。では、何故このような記事を書くのかという理由ですが、私は、みなさんと同じギャンブルを愛している人間です。ギャンブルを愛しているからこそ、ギャンブルの性質を理解し、ギャンブルを適切に楽しめる人を増やしたいと考えています。

なぜなら、

私は、提供する側に従事している人間だからです。(違法ではないので安心してください)

スポンサーリンク

関連記事の紹介

 一度でもギャンブルをやめたいと思ったことがある方へ。

前回の公開後の反応

そもそも、ギャンブルとは何か。
そもそも、人はなぜ、ギャンブルをするのか。

ギャンブルの楽しみ方というよりも、
ギャンブルの何が楽しいかという視点が強かった記事です。

本来、続編としてギャンブルの楽しみ方という記事にしようと思っていました。
しかしながら、多いのです。正確には多くなってきました。

ギャンブルをやめたい、具体的には、競艇をやめたいという相談が

多くなった背景を考えてみました。

コロナ禍。

仕事でもプライベートでも娯楽でも、人との接触を控えることになりました。人と接触しない、すなわち、家から出ないことによって増えた時間は家に居る時間です。仕事でも在宅ワークが推奨され家から出ずに仕事をすることが増えた人も多くいます。

これだけ見ると、ごく当たり前であり、コロナを鎮静化させるために必要な施策として有効だと思います。ただ、もう一つ見落としてはいけないのが、

人は、暇な時間が増えたということと、外出せずに暇が潰せる娯楽を求めたということです。

在宅ワークは、誰にも管理、監視されていないが故に、暇な時間が増えていると思っています。

ここからの記事は、ギャンブルという括りではなく「ボートレース」で記事を進めます。本来、ギャンブルという視点で記事を進めたいのですが、ジキルの記事を読んでくれている方の多くは「ボートレース」を楽しんでいる方だと思います。そもそも、ジキルは、ボートレースの情報配信者です。

ボートレースの参加人口と売上推移

ボートレース年別の売上推移です。

売上
2015¥995,200,000,000
2016¥1,042,220,000,000
2017¥1,237,800,000,000
2018¥1,372,700,000,000
2019¥1,543,400,000,000
2020¥1,901,400,000,000
引用元:一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会

一、十、百、千、万・・・・。数えてしまうと思います。パッと見て、位がわかる方は「兆」という単位に慣れている方ですね。ジキルもここまでの金額を扱った経験はありません。わかりやすくします。そして、ここで触れたい数字に絞ります。

売上
20191兆5,434億円
20201兆9,014億円
引用元:一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会

ボートレースの売上は、年々伸びています。2015年以前に戻ることもできますが、やめておきます。個人的には、競艇をボートレースに名称を変更したり、プロモーションによって売上を伸ばしてきたことに関しては、学べることが多いと思います。話が逸れるのでここまでにしておきます。

年々伸ばしている売上ですが、2019年まで1,000億円から1,700億円の伸び幅だったのが、2019年から2020年で3,600億円の上昇があります。例年に比べて約200%の売上幅増加の背景はコロナ禍における、

外出せずに楽しめる娯楽としてボートレースが選択されたと結論付けています。

ただ、実際に参加してみて、
ボートレースの宣伝文句と実際のレースが違う。違い過ぎると思った方が多いと思います。

6艇だから予想しやすい。
3連単でも120通り。

あたかも的中しやすい謳い文句。実際にボートレースをやってみたら、競馬よりも当たりやすいな、パチンコスロットと比べて外に出なくて良い。これは、簡単だ。他のギャンブルと比べて、確かに当たる。これはいいぞ。と思った方、多いと思います。

ボートレースは当てやすい。

はい。その通りです。ですが、こう続きます。

競馬と比べてオッズが低い・・・。
パチンコスロットで当たった方が儲かるでは・・・・。

そう。

当たるけれど見返りが少ない。そう感じた方多くないかなと思います。そして、

え?進入変わるの?
フライング?
そこで抜かれるの?

やり始めた時は、こんなに的中すると思っていたのに、本格的にやったら的中すらしない。
だったらイン逃げから狙うのやめよう!と参加したらイン逃げ。
やっぱりボートレースはイン逃げだ!と参加したら4コースが捲る。

あんなに当たっていたのに全然当たらない・・・。

だったら、他の人の予想に乗る。
そう決めて選び始めた予想屋選び。

参考にした時は的中せず。
この予想屋はダメだな、違う予想に乗ろう。
え?
さっき外した予想屋、次のレースで万舟が的中している。次は乗らなきゃ。
そして、外れる。

心当たりのある方、
いや、自分で予想しているから大丈夫だという方、

いずれにしても、

もう競艇をやめたい。

と思っている方は記事を読んでください。
他のギャンブルでも、本質的には同じなので読んでください。

うるさいジキル、お前に何がわかるんだと思っている方は、
ここで読むのはやめて下さい。

これ以降は、
本当にギャンブルから、競艇から、

足を洗いたい方だけに読んで頂きたい。

ギャンブルは悪。


ギャンブルに参加する以上、自分は幸せになれない。
そう思っている方のみ、読んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク

ボートレースをやめる方法の提案

まわりくどいことは良い。
どうやったらボートレースをやめられるのか、ギャンブルをやめられるのかを聞きたい。
そのために記事を読んでいる。

そう思っている方がここまで読んで頂けていると思います。

結論から言います。

習慣を変えてください。

ジキルは、

人は習慣に支配されている。

と考えています。

あなたは、ギャンブルに参加することが習慣になっています。
だから、習慣を変えてください。
たったそれだけで、ギャンブルをやめること、ボートレースに参加することをやめることができます。

人生において習慣を変えることが重要です。

という本が発売されて、ベストセラーになっています。
そういうことです。
ギャンブルから足を洗うのに必要なことは習慣を変えるだけです。

もし、自分の力で習慣を変えられないなら、

他人に頼ってください。
専門的な機関に頼ってください。
医療機関に頼ってください。

第三者に頼らないと習慣を変えられないことを俗に

依存症と言うのだと思います。

習慣を変える。

人は習慣に支配されています。
ですが、習慣にしたのは自分です。
自分で習慣を変えられるなら変えてください。
自分では習慣を変えられないのなら、第三者を頼ってください。

それが、ボートレースをやめる方法です。

少しくらいなら。
遊べる範囲で。
これ以上は使ってはいけないお金。

自制できているのなら大丈夫です。そのまま楽しんでください。

ボートレースをする為に借金をしている。
ボートレースをする為に嘘をついた。
ボートレースに毎日参加して負けている。

この状況に置かれている方に提案します。

やることは簡単です。
ただ、簡単なことができないから、皆、悩むのです。
苦しむのです。そして、やめられないのです。

ギャンブルに参加することが習慣になっていることが原因です。
ボートレースに参加することが習慣になっていることが、やめられない原因です。

では、勇気をもって、信念を持って、習慣を変えましょう。

この記事をここまで読んでくれた方。
本気でボートレースをやめたい方だと思います。
初めに、

テレボート解約してください。そして、テレボートと連携している銀行口座も解約してください。

そして、ボートレースの情報が得られる

のTwitterアカウントを削除してください。

普段はテレボートではなく、本場、又は、場外舟券売場で参加している方、

現金を持ち歩かないで下さい。

やることは、たった2つです。

競艇に関する情報の遮断と、
舟券を購入できない環境にすること。

スポンサーリンク


直ちにやってください。

今あなたは、競艇をやめたいと思っているはずです。
その熱、その想いは一番強いのは今です。
テレボートの解約。
Twitterアカウントの削除。
この2つを実行しても、この記事は読めます。

現金は、一日生活できる1,000円しか財布に入れないで下さい。

ギャンブルを、競艇をやめたいと思っているなら、
楽しもうなんて気持ちは一つも持たないで下さい。

だって、何度も楽しもうと思って参加していたけれど、
どうしようもなくなってこの記事読んでいるのだと思います。

ギャンブルで借金を抱えたあなたへ。

ボートレースで多額の借金を抱えた方。

借金をする習慣。
借金が当たり前になっている習慣。

変えましょう。

必ず、変えられる。

相談してください。

ご家族に。第三者に。法律事務所に。

誰にも言えない。
誰にも言えない習慣も脱却してください。

これから払う利息と
思い切って相談すること

冷静に天秤にかけてください。

100万円の借金があったら、
恐らく15%の金利を年間支払っていることになっていると思います。
年間15万円。月にしたら12,500円。

あなたが打ち明けるだけで、
あなたが相談するだけで、

本来、払う必要のないお金が

自分の人生の為に使えるのです。

スポンサーリンク

まとめ

ギャンブルをやめる方法は、習慣を変えるという記事を書きました。
少なくても、ジキルはギャンブルのプロとして、ギャンブルをやめる方法は習慣を変えるしかないと思っています。

逆から考えます。

パチンコ店の売上がコロナ禍を機会に減少しました。現在、売上は店舗によりますが、良くて約8割戻っています。
コロナ禍を機会としてパチンコスロットを毎日やっていたのに、やらなくなった方たちは戻ってきません。その理由は、

毎日パチンコスロットをやる習慣が変わったからです。ただ、それだけです。
公営ギャンブルの売上が上昇した一方で、パチンコ店が休業した、または、外出することを控えた方たちは、パチンコをやっていた習慣が途絶えたことで、習慣が変わり、参加する人口が減少しました。

習慣が変わった。

それだけです。

最後にもう一度。

ボートレースを本気でやめたいと思っている方は、
楽しもうなどとは思わずに迷わず、

競艇に関する情報の遮断と、
舟券を購入できない環境にすること。

この2つを、
直ちに行動してください。

どうしても自分ではやめらないないと思っている方は、
特別なことだとは考えずに、

第三者に相談してください。

身近な人に、第三者機関に相談できないのなら、

ジキルに相談してください。

最後まで読んでくれて、おおきにな。
大丈夫、ギャンブルやめたら、ボートレースやめたら

幸せになれるから。


タイトルとURLをコピーしました