ギャンブル依存症の体験談②

競艇かわら版
スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回の記事

ギャンブル依存症の体験談①はこちらです。

あらすじ

幼少のころからギャンブルに触れていた。
幼少のころに読んだ漫画のパチプロに憧れを抱いた。
パチンコ・スロットが出来る環境になりやってみるとのめり込んだ。
借金をしてまでパチンコ・スロットをやるようになった。
パチンコをやらないといけないという感情になり金を借りられるだけ借りた。
借りられる金がなくなり、クレジットカードで購入したゲーム類を買って売って現金を作るようになった。
パチンコ・スロットから離れられる仕事の時間が安堵となった。
借金総額、300万に近づいたときに、ある男に話しかけられた。

男の一言

通っていたパチンコ店にいた一人の男が、私に話しかけてきたのです。

男「毎日いるけど、パチンコはやらないの?」

当時、スロットの方が遊技する比率は高いというか、ほぼスロットでした。
大した知識もないのに仕事が休みの時は開店前から並び、何となく良さそうという理由で台を選び遊技していました。その男はスロットにはいなく、パチンコの羽物ばかり遊技していたそうです。

男「パチスロ勝てるって聞いたけど知ってる?」

自分がスロットばかり遊技していたから聞いてきたのか、自分が勝っているように見えたのかはわかりません。ただ、その男が自分に聞いたことは、パチスロで勝てるということでした。

ジキル「知りません」

本音を言いました。負けまくっていますし、今の状況から言えば借金だらけです。

男「リプレイハズシで勝てるって聞いたけどパチスロのこと良くわからなくて聞いてみたんだ」

リプレイハズシ?そんなことは知りません。何を言っているんだろうと思いました。そして、その男が指を指した機種は、

クランキーコンドルでした。

男「パチンコでごはん食べているだけど、スロットのこと良く知らなくてさ」

目の前に現れたのはパチプロでした。割愛しますが、要約すると釘を見て羽物で勝っている人間が目の前に現れたのです。漫画の世界が現実になった瞬間です。ものすごく口調は丁寧でした。自分は、知らないので、わかりませんと答えました。

男「そっか。悪かったね」

そう言って男はパチンコの島に戻りました。自分に脳みそを直撃した言葉、

スロットで勝てる。
リプレイ外し。

当時は、インターネットが生活に密着している時代ではありません。
パチンコ・スロットの情報を得るには雑誌しかありませんでした。
男の一言を聞いて、脳みそに残った「リプレイハズシ」という言葉を知りたくスロットの攻略誌を買いました。リプレイハズシって何だろう。スロットで勝てるって何だろうって。

運が良かったのか、たまたま買ったスロットの攻略雑誌に書いていました。
リプレイ外しで出玉率が100%を超える。

書いてあることは難しく、言葉の一つひとつを調べながら読む必要がありました。
大して勉強をした人生でもなく、調べものなどしたことがありません。というか、しようと思っても調べられる方法が限られている時代です。図書館に行っても、パチンコ・スロットの情報などあある訳はありません。阿呆な自分でもそれくらいは想像つきました。

頼れるのは、市販されているスロット攻略誌しかないのです。

隅から隅まで読みました。教科書を開いたことなんて授業の最中しかない人間です。何故か知りたくて、何故か理解したくて攻略誌にある文字を全て読みました。

運が良かったのかも知れません。たまたま、その時に買った攻略誌に理解できる内容が書いてありました。それは、

ボーナス中にある所を狙う事によって、JACゲームへの突入を遅らせることでBIGボーナスで得られる枚数が増える。そして、ボーナス以外でもある所を狙う事によって同じ千円で借りられる50枚でも多く回すことが出来る。

この2つの理解でした。
ただ、この2つの理解が自分の人生を大きく変える理解の一つだったのです。

今現在の理解でまとめると

DDT(KKK)打法とリプレイハズシです。

クランキーコンドル

設定1、機械割105.3%。

スロットを知っている方が見たら、その凄さはわかるかと思います。
スロットを遊技しない方に簡単に説明します。先に出玉率と表現しましたが、ほぼ同じ意味です。ほぼという理由は割愛します。あくまで簡単に説明すると、機械割105.3%というのは、スロットに投入したコインに対して戻ってくる率を示します。

スロットは1時間で700ゲーム回せたとします。
一度の遊技で3枚投入して遊技するので、3枚 × 700G =2100枚投入することになります。
12時間遊技したとすると2100枚 × 12 となり、25,200枚投入します。

25,200枚投入すると、105.3%になります。これを数値化すると、

25,200枚 × 1.053 = 26,535.6枚

即ち、25,200枚遊技すれば、26,535.6枚になるということです。
その差は、ブラス1,335.6枚です。簡単に言うと、クランキーコンドルという機械で

DDT打法(ボーナス以外の時に小役を全て取り切る)
リプレイハズシ(BIGボーナスで多くの枚数を得る)

この2つを実施することで、設定1でも、約1,335枚得られるということです。
コインが増えるということです。

理論的にコインを増やせる。即ち、勝てるということです。(細かい説明は省略しますが、コンドルに関しては、実質105%を割る程度だったと後に理解しました)

等価交換なら、プラス約2万6000円。これを期待値と表現していました。
1日でプラス2万6000円。一か月30日でも約60万円勝てる期待値です。

理論上勝てる。

この言葉は現代でも続いています。機械である以上、確率で支配されているので、確率通りに向います。この理論は、反論させません。その通りに試行回数をこなせばなります。年間で、毎日開店から閉店まで遊技すれば、

720万円(等価交換)プラスになるという事が理論的に成立する世界です。

この理論を理解しました。

目押しと言う名の技術

理解しただけで勝てるという訳ではありません。勝てることはわかった。ただ、その勝てる土俵に立つには、目押しが(狙った場所に、狙った図柄を押せる、スロットの技術力のこと)必要なのです。
クランキーコンドルは、それほど難しくありませんでした。詳細は割愛しますが、必要とされる目押しのスキルは低い方です。雑誌に書いていた通りに練習することなく、すぐにできました。

好きなスロット…、いや、この時期には義務としてやらされているスロットで勝てるなら良いと思い、仕事が休みの時は、開店から閉店まで打ち込みました。情報のソースが攻略誌にしかない時代です。勝てると記事に書いてあれば読んだ人は皆むらがります。今では主流となっている入場整理券、抽選券などない時代。どんどんとクランキーコンドル目当てに並ぶ時間が早まっていくのです。

店の開店時間は9時、先頭が並び始めるのが5時。

台の取り合いに負けるわけにはいきません。だって、台に座れれば勝てる理論が成立しています。
ジキルも負けじと並ぶようになります。

目押しはできる。あとは台を取るだけ。

ジキルでも練習しないでできた目押しなんて、他人だって容易にできたのです。いわゆる並びが激化します。それでも休みの時は、負けじと並んでいました。

ただ、そこで一番の問題が発生します。

なぜが勝てないのです。

勝てない。クランキーコンドルでは何故か勝てない。目押しは完璧にこなせていました。理由は、今でもわかりません。相性が悪いのかもしれないという感情的な理由と、もしかしたら刺さってた?(当時で言うと裏モノの事です)という物理的な理由。資金がどんどん減っていきます。仕事も行かなくてはならない。20日間働いて、10日間休みと言う仕事です。何故、勝てないのかは今でも答えは出ていません。ただ、相性が悪かったと思っています。そして、10日間の休みが終わり、20日間続く仕事に戻りました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました