「児島競艇場」の特徴と女子戦 2022年

ジキル式競艇場特徴

児島競艇場情報

オフィシャルホームページ

リンク先:児島ボートレース場オフィシャルサイト

支部と所属レーサー

児島競艇場は岡山県にある競艇場です。支部は岡山支部になります。
女子レーサーの岡山支部所属は・・・、

福島陽子
寺田千恵
森岡まき
三松直美
堀之内紀代子
田口節子
金田幸子
赤澤文香
若狭奈美子
守屋美穂
樋口由加里
喜井つかさ
前原哉
勝浦真帆
薮内瑞希
土屋南
安井瑞紀
黒明花夢
小林愛実
藤原早菜

大勢、かつ、タレント揃いの岡山支部で女子レーサーが所属しています。こちらの名鑑に記載されているレーサーもいるので是非、詳細を確認してください。

リンク先:ブログ競艇寺子屋競艇女子レーサー名鑑

ジキル
ジキル

タレント揃いの岡山支部です。寺田千恵、守屋美穂を筆頭に最近捲り屋に目覚め始めた堀之内、負けん気強くてスタート上手い土屋南と有名レーサーも多いです。ジキルが好きなのは「ダブルみずき」安井はダッシュからの捲り、薮内はスローでの残しとオッズ次第で楽しめる2人です。勝浦真帆の一撃捲りも見応えあります。大山千広と同期。スタートに天性を感じる一人です。

スポンサーリンク

児島競艇場特徴

水面特性

海水です。「潮の影響が大きい」競艇場の一つです。児島を考える、いの一番は潮汐です。瀬戸内海に面しているため潮汐の影響が強く、水位の高低差もあり、風の影響も強い競艇場です。実は、児島競艇場は、全競艇場24場で最後に紹介する競艇場です。宮島は、23場目でした。潮汐があって、風の影響が強い。この2つの理由で女子戦専門で考察する前までは避けていた競艇場の条件になります。

ジキルは、皆さんに競艇女子戦情報を配信する前までは、淡水プール型の競艇場を好んでいます。戸田が好きと公言したことがあります。戸田競艇場は、レイアウトにクセはありますが、潮汐と風の影響が低い競艇場だと思っています。近畿方面では、住之江競艇場です。多摩川への参加も多いですが、桐生は風と気圧の影響が強く毛嫌いしています。住んでいたところという理由もありますが、淡水プール型で風の影響が少ない、戸田、住之江は常に気にしている競艇場です。

海水、かつ、風の影響が強い競艇場の特徴として、いくつか特徴を羅列します。
①体重差は出にくい。(浮力がある)
②満潮逃げ、干潮時は捲り、捲り差しが決まる傾向。(ただ、児島は捲りが決まりにくい印象)
③潮汐に関しては、大潮、中潮、小潮、長潮、短潮と種類も含めて把握が必要。単純に水位が違う。
④追い風差しの向かい風捲りはセオリー通りです。

ジキル
ジキル

話はそれましたが、児島競艇を攻略するには、潮汐の確認と風向風速を加味することが必須になります。ジキルは、条件は少ない方が良いと考えるので、淡水プール型で、かつ、風の影響が少ない競艇場を好んでいます。児島競艇場は、正反対の競艇場です。

児島競艇場のレイアウト

本番ピットから第二ターンマークまでが101mです。平均的な印象で女子戦であれば、そこまで進入争いは考えなくて良いと思います。ただし、新人が自分から出るのは別です。短い方になるので、女子戦に限っては熾烈なコース争いは少ないかと思われます。

起こし65m、スタート59m、第一ターンマーク入口43m、ふり幅16mです。児島競艇場の特徴を調べるとイン逃げの確率が高い情報を多く見ます。このレイアウトは、徳山競艇場に似ている印象があり、結果もイン逃げ率が平均より高めを示しています。

第一ターンマークの幅も106mと広く、しっかり握って回れるレイアウトです。ただし、第一ターンマークの出口が92mです。イン逃げ率が高い競艇場と比較すると、大村103m、徳山130m、芦屋88mです。第一ターンマーク入口が43mと比較的狭く感じ、ターン中は広いですが、出口が92mとそこまで握り倒せるイメージが沸かない印象です。(あくまで女子戦)

ジキル
ジキル

イン逃げ率が平均以上の競艇場で、イン逃げを基本と言いたいところですが、女子戦だと本当にそうなのか違和感を覚えるレイアウトです。その理由を探ってみました。

スポンサーリンク

女子戦での傾向【着別入着率編】

2022年1月11日~児島競艇女子戦結果4日目まで

こちらの結果は、2022年1月11日行われた、児島競艇女子戦におけるコース別の入着率です。初日から4日目までの集計としています。その理由は、一般戦が混ざると明らかにスタート行かなくなったり、準優、優勝戦は勝負をかけるので、あくまで予選というレーサーが同じ条件で算出したほうが精度が高いと考えています。

この結果でわかることは、イン逃げ率37.5%とかなり低い結果となっています。1月なのでエンジン出力の影響は考えにくいのですが、イメージ通りイン逃げ率は低いです。その理由の一つは、ふり幅16mがあると思っています。小さくないのです。インが斜めに走らざるを得ないレイアウトで、かつ、第一ターンマーク43mと狭く、捲りが決まりやすいレイアウトです。握られる、握りたくなる競艇場の一つです。

ジキル
ジキル

2022年1月のヴィーナスシリーズで目立ったのは5コースです。3コースより1着率が高い結果となっており、この背景に4コースが攻めて、5コース展開がありました。第一ターンマークの入り口が狭いことで差しが下手な女子戦において、4コースの握る展開が多かったと想像しています。

スポンサーリンク

女子戦での傾向【捲り】

第一ターンマークへの振り幅と入口の狭さから女子戦においては、捲りは軽視できません。水面上と風の影響が強い競艇場なので、水面で言えば干潮時、風向で言えば向かい風(特に南東の風がかみやすい)の条件が揃った時の4コースからの攻めとその攻めに乗る5コースは注目したいところです。

艇間が狭ければ狭いほど、いわゆる差しは入りにくくなります。2コースの捲り、3コースの捲り差しと水面と風向、風速の条件によって狙うコースを変える必要があります。ジキルは、児島競艇女子戦は常に、4コースからの捲り仕掛けを意識しつつ、2コース、3コースの壁の有無を展開予想に加えて参加出来ればと思います。捲られないと抵抗する1コースに対しての2コース差しと5コースの捲り差しがイメージ出来たら参加したい展開予想になります。

ジキル
ジキル

艇間が狭ければ狭いほど捲り仕掛けが多くなる。捲られる攻めを壁となる2コース、3コースがどう対応するのか。壁がなければ1コースが対抗せざるを得ない。その場合の展開はどうなのるのか、考えることが多い競艇場です。

スポンサーリンク

まとめ

①海水で潮汐の影響が大きい競艇場です。大潮の満潮時は水位が高くなります。
②風の影響が強い競艇場の一つです。特に風向の変化は気にしてください。
③ふり幅が大きく、第一ターンマークの入り口が狭いレイアウトは握るレーサーが多くなる印象です。
④捲り仕掛けが展開予想に多くなり、イン逃げ率は低くなる傾向が女子戦にあります。
⑤セオリーの組み合わせ。満潮逃げ、干潮捲り、追い風差しで、向かい風捲りの4つから考えます。
⑥潮汐と風向風速の組み合わせが展開予想のポイントになる競艇場です。

最後に

本記事の内容によって生じた損害や損失おいては一切補償いたしません。買目と配分を決めるのは最後は自分です。自己責任での舟券購入をお願いします。

私のモットーは「読者様の情報の一つになれれば」です。

最後まで読んでくれておおきにな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました